藤井聡太四段 詰将棋解答選手権で三連覇

 第14回詰将棋解答選手権のチャンピオン戦が3月26日、東京・大阪の各会場で行われ、最年少プロ棋士の藤井聡太四段(14)が優勝、三連覇を果たした。

 同大会にはプロ、アマの強豪棋士が参加。全10問を解く正確さ、速さを競う大会で藤井四段は圧倒的なスピードを披露。第1ラウンドの5問は90分の持ち時間に対し、わずか24分で解答した。

▶「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」はこちらから

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000