"替え歌と著作権"を嘉門達夫が解説

 今年1月、動揺「森のくまさん」の替え歌を販売しようとしたパーマ大佐とレコード会社が、訳詞者の馬場祥弘さんが販売差し止めと慰謝料を求められる事態へ発展した(2月に和解が成立)。


 替え歌と著作権の問題について、嘉門達夫さんにわかりやすく解説してもらった。

 

 "訳詞"を使用しない「森のくまさん」や、著作権のない童謡を歌った嘉門さん。「これらは、こういうところでいくら発表しても印税的なものがかからない。それ以外に、作家に権利がある曲でCD化する場合は、すべて許可をとっております。替え歌にはそういうルールがあるんです」。(Abema One Minute Newsより)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000