矢作、ブスをオトす一言に手応え 「簡単だな」

 20日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるAbemaTVのトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送され、“理想のブス宣告”について激論が交わされた。

 ホンコンのそっくりさんこと芸人の岡本美樹は、他人から“ブス宣告”をなかなか受けないまま大人になったため、「自分がブスということを早く教えてほしかった」「陰では言われていたのかもしれない」と告白。ブスの共演者たちも「ブスということをなるべく早めに教えてほしい」と同意される展開に。

 ここで矢作は「じゃあ、ブスに“ブス”っていう時の言い方だけ勉強させて」と名乗り出て、さまざまな「ブス」の伝え方を実験。しみじみとした「ブスだなー……」はNG、ニヤニヤ顔での「ブスだなー」はセーフ、吐き捨てるような「ブスだなー」は傷つくといった意見が出て、「明るくブス宣告するのがいい」という結論が出た。

 キンタロー。はさらに、「補助の言葉で、“ブスだけどそこが好きだぜ”“そこがお前の良さだぜ”と付けてください」と追加のリクエスト。ブスギャル代表のあおちゃんからは、「順序に気を付けてほしい。“ブスだけどいい奴だよな”はいいけど、“いい奴だけどブスだよな”はNG」と補足されていた。

 この教えをもとに、矢作は“伝説のブス”八幡カオルに「(ブスだけど)八幡さんみたいなタイプ好きだよ」と実践。八幡が表情をときめかせながら「なんで矢作さん結婚しちゃったんですか!」と叫ぶと、小木と矢作は「簡単だな」と手応えをにじませていた。


(c) AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000