乙武洋匡・元週刊文春記者らが“報道の自由とモラル”を徹底討論  『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』放送決定

 AbemaTVはAbemaNewsチャンネルにて、3月12日(日)夜8時から夜11時にかけて『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』を生放送する。


 本番組では、お笑いタレントの千原ジュニアがMCをつとめ、毎回様々なテーマについて、ゲストパネリストとともに徹底的に討論する。それぞれの意見に対して千原ジュニアが独断と偏見で点数を与えていき、最終的に最も点数が高かった者が「キング・オブ・ディベート」として表彰され、豪華賞品を獲得する。


 第7回目となる今回は、「これでいいの?日本のマスコミ~報道の自由とモラル~」をテーマに、有名人の不倫などのスキャンダルの追及や過熱報道について、報道する側の週刊誌記者や芸能リポーターと、報道される側のタレントが報道の自由とモラル、メディアの在り方について大激論を繰り広げる。


 今回パネリストとして討論に参加するのは、前回2月19日に放送した本番組で優勝した、作家の乙武洋匡と元宮崎県知事・前衆議院議員の東国原英夫、タレントの熊切あさ美、お笑いコンビ・ライセンスの藤原一裕、元・週刊文春記者でジャーナリストの中村竜太郎ら8名。 


 MCの千原ジュニアは、「報道する側、報道される側のお互いの意見をぶつけ合いながら、向こう側から見たこちら側、こちら側から見た向こう側が見えてくるといいと思うし、そのやり取りをまたマスメディアを使って流しているというのもおもしろいのではないか」と、生討論への期待を寄せている。

(C)AbemaTV


■『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』

【MC】千原ジュニア

【パネリスト(50音順)】青山佳裕(ベテラン芸能記者)、乙武洋匡(作家)、熊切あさ美(タレント)、手島優(タレント)、中村竜太郎(ジャーナリスト)、西田亮介(東京工業大学准教授)、東国原英夫(元宮崎県知事・前衆議院議員)、ライセンス・藤原一裕(お笑い芸人)

【進行】島本真衣(テレビ朝日アナウンサー)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000