藤井聡太四段「炎の七番勝負」12日スタート ファンは苦戦予想

 2016年10月に史上最年少となる14歳2カ月でプロ入りを果たした将棋の藤井聡太四段(14)の特別対局企画「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」が3月12日午後7時からスタートする。

 新たな天才の呼び声高い藤井四段が先輩プロ棋士たちと対決。羽生善治三冠(46)、日本将棋連盟の会長を務める佐藤康光九段(47)をはじめ、ベテランから若手まで豪華な顔ぶれと若武者が対決する。

 AbemaTVの公式ツイッターアカウントで行われた勝敗予想では、6日午前11時時点で「0~2勝」が1番人気で45%、次いで「3~4勝」42%、「5~6勝」10%、「全勝」4%となっている。藤井四段は公式戦でデビュー以来負けなしの4連勝中。プロ2戦目では、浦野真彦八段(52)をわずか48手で圧勝するなど、早くも実力の片鱗を見せている。ファンの予想どおり先輩たちの壁に跳ね返されるのか、それとも若き天才の力を発揮し予想を覆すのか、注目だ。

 ツイッターによる予想は12日午後7時まで実施。予想を投稿し、アカウントをフォローすると藤井四段・羽生三冠のサイン色紙・扇子がプレゼントされるキャンペーンも実施中だ。

(C)AbemaTV

▶︎新たな天才・藤井聡太の実力は!?視聴予約はこちらから


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000