観月ありさ、役作りでぱっつん前髪に 「似合う」と大好評

 女優の観月ありさが3日、自身のブログとInstagramを更新。役作りで長かった前髪を目線ギリギリのパッツンにしたことを明かした。

観月ありさオフィシャルブログよりキャプチャ


 観月は4月23日よりスタートするドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)に出演。美人で名家の令嬢でありながら、“三度の飯より骨が好き”という変わった嗜好を持つ「標本士」の主人公・九条櫻子(くじょう・さくらこ)を演じる。観月は同作で26年連続で連ドラ主演を務めることとなり、話題となっていた。

観月ありさオフィシャルブログよりキャプチャ


 観月は原作の櫻子に寄せるため、「前髪ぱっつんしました!髪色も黒くして!櫻子さんヘアー完成!!!」と、前髪を切り、黒髪にした動画を公開。 センターパートに分けたり流していることが多かったようで、「#久しぶりの前髪#何だか新鮮」とまだ慣れない様子だった。

 ファンからは「似合ってます!綺麗な人わ、何でも似合いますね」「可愛すぎます」「素敵です」など、ぱっつん前髪を絶賛する声が寄せられている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000