藤原紀香 NASAの発表を受け「宇宙戦争が起こる」と心配

 2月23日、米航空宇宙局(NASA)が地球に似た太陽系外惑星7つを発見したことが報告された。どれも地球とほぼ同じ大きさで、液体状態の水が存在する可能性があるという。

藤原紀香オフィシャルブログより


 これを受けて女優の藤原紀香がブログでコメントしている。藤原は「午前3時のNASAからの重大発表をワクワクしながら、待っていました」と発表前から期待していたことを報告。「条件が快適で、生命体が生存する可能性のある星は初めてなのかも。39光年先の宇宙に、大きさは地球とほぼ同じで、海も存在する可能性があるとのこと。こ、これは!地球外生命への期待。いるかな、いるかな」と地球外生命体が発見される可能性を楽しみにしているようだ。


 さらに「子どもの頃、 宇宙戦艦ヤマトをかぶりついて見ていたけれど本当に 生命が存在する可能性のある地球以外の惑星があるなんて!!イスカンダルや、シャルバート星などはあるのかな。まあ、そこに人が行こうとすると、ワープの技術を開発するしかないですけどね。そんなことを考えてると、、、技術が進みすぎて、AIなど凄いものを創り出し、人類が好き放題したあげくに 宇宙戦争が起こる、、、これは、まったくの想像の世界だけど、そんなターミネーターなる世界もまんざら先じゃないのかも、、、と思うと、怖くなってきたのでそろそろ、やすみます。真夜中の独り言でした笑」と長文で綴り、今回のNASAの発表が子供のころの記憶を呼び起こし、さらに宇宙戦争の妄想にまで発展したようだ。


  これ受けてコメント欄には「創大なお話しですよね~.宇宙を題材にした映画は沢山あるから色々想像しちゃいますね」「でも、宇宙戦争とかは怖い、わー」「やっぱりあったんや!!!!でも…そうやなぁ…攻撃されたらどうしよう」と藤原の発言に共感し恐れおののく読者が登場している。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000