金正男氏殺害、北朝鮮の2等書記官が関与か 専門家「もしかするとマレーシアと北朝鮮が断交」

 重要参考人の1人は北朝鮮の大使館員だった。金正男氏殺害について、マレーシア警察は22日の会見で北朝鮮大使館の2等書記官が事件に関わった疑いがあると発表した。


 マレーシア警察は会見で「公開している2枚の写真について、人物確認ができていなかったが、それを終えた。1人は北朝鮮大使館に所属する人物で、もう1人は北朝鮮航空会社のスタッフであることが分かった」と述べた。

 犯行に関わった新たな重要参考人としてマレーシア警察が発表したのは「高麗航空のスタッフ」「北朝鮮大使館の2等書記官」。事件は大使館ぐるみだった可能性が出てきた。警察当局によると、この2人はまだマレーシア国内にいるという。


 会見でマレーシア警察は「北朝鮮大使館にその2人への聴取要請をした。北朝鮮大使館には迅速に2人への聴取要請に応じてほしい。そうでなければ、強制聴取を行うことになる」。また指名手配されている4人の容疑者については、すでにマレーシアを出国し北朝鮮の平壌に到着したという。


 実行犯の女2人については、いたずら番組に誘われたのではなく、殺害するためのトレーニングを受けていたとしている。会見では「実際に何が起きたのかというと、2人の女性は彼の顔を覆うようにするトレーニングを受けた。犯行前に4人の容疑者が2人の手に液体をのせた。2人はそれを彼の顔に塗ることになっていた。その後2人は手を洗いに行った。それが毒物だと知っていたからだ」と説明している。

 また北朝鮮大使館の前では報道陣に3枚の紙が渡された。マレーシア外務省が北朝鮮の大使が嘘をついているのではないかということに反論している。加えて、すでに逮捕されているインドネシア国籍、ベトナム国籍の女と北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者の3人について、釈放するように書かれていた。


 デイリーNK編集長の高英起氏は「仮に2等書記官が今回の暗殺、オペレーションを知らなかったとしても、関与していたら北朝鮮が(国として)関与していたことになる」。さらに現状について「これ(暗殺)は明らかな主権侵害。このままにしておくとマレーシアという国家の体裁が成り立たないということになる。それがマレーシアと北朝鮮が対立している原因」と説明した。


 また1983年にビルマ(現ミャンマー)と北朝鮮の断交につながったラングーン事件(爆弾テロ)を引き合いに出し「もしかすると一歩間違えるとマレーシアと北朝鮮が断交することも見えてきた」と言及した。


 今後の展開に世界中の注目が集まっている。(AbemaTV/AbemaPrimeより)


(C)AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000