フジモン、ライザップ中のエド・はるみにキレ気味?「食べろや」

 2月22日に放送したお笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』に出演したエドはるみがRIZAP(ライザップ)中であることを明かした。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことをリクエストし叶えていくというバラエティで、この日のゲストはレイザーラモンHG、エド・はるみ、ジョイマン、レギューラの一発屋軍団。この中でHGが「フジモンと筋肉に栄養を与えたい」というリクエストを提案。筋肉が悦ぶ、美味しい高タンパク、低カロリー、低糖質料理に特化したレストラン「筋肉食堂」のメニューをスタジオで実食することとなった。

 スタジオには皮なしの鳥もも肉と胸肉を使ったステーキが2品登場。藤本を始め、スタジオにいるメンバーは「家では作れない味」「胸肉なのにもも肉と間違うほどジューシーで美味」「筋肉食堂とは関係なく、普通の食堂に出てきてもうまい」と絶賛するが、エドのみ食べずに手を後ろで組み続け、皆の様子を見つめていた。

 これを見た番組の進行を務めるしずるの村上純が「エドさん、全然食べてないんですけど」とつっこむと、「私、今ちょっと食べられないんです」とエドは寂しげな表情。藤本が「どうしてん。何でなん?」と聞くと、「今、ダイエットしているで。仕事で。ライザップで」とプライベートジム・ライザップの仕事でダイエットに挑戦していることを明かした。


 「ライザップでもこれならいけるやん」とすすめる藤本に対し、「ライザップでも今、追い込みの時期で。もう何100グラムの時期で…めっちゃ食べたいんですけど。あと2週間なんです」と頑なに拒否。そんなエドを見て、HGは「エドさん、いろいろ規制が厳しい。自分を持ってらっしゃる…」とこぼすが、藤本は「食べろや」ときつめの言葉でつっこみ。

 しかし、結局エドは食べることができず、村上は「あっちの仕事とこっちの仕事比べた時に、大人の事情でこっちが(負けました)」と苦笑していた。


(c)AbemaTV


 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000