「ブスばかりの風俗店」にブスが興味津々 「一度でいいからナンバー1になってみたい」

 20日、おぎやはぎの小木博明(45)と矢作兼(45)がMCを務めるAbemaTVのトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。「明日のブスのためにブスがブスを語り合う、ブスが主役のトーク番組」として、この日もブスのゲストたちを招き、さまざまなブス事情を深堀りする中で、なんと「ブスの風俗嬢を集めた店がある」という情報が飛び出した。

 以前の放送で“伝説のブス”に認定された芸人・八幡カオルは、奇抜な髪型のフリーター・太田萌加を見て「“そういう系”の風俗店にいそう」と失礼なコメント。矢作から「やけに詳しいけど、八幡さん、働いたことあるの?」と疑問を投げかけられると「いや、ネタになるかと思って検索しただけです」と慌てて否定していた。

 店の名前は「デッドボール」だと明かすと、他の芸人たちからも「知ってます」「チャームポイントが“常識ない”“歯がない”とかですよね」と追加情報が飛び出した。


 その店を知っているという芸人・梶原つぐみは、ひな壇のブスゲストたちを見回し、「ここにいるみなさん、全員ナンバー1になれますよ」と“太鼓判”。これを聞いた岡本美樹は「一度でいいから何かでナンバー1になってみたい」「ちやほやされてみたい」と目を輝かせていた。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000