歯がない人からナンパ、バスが止まってくれない…それって私がブスだから?

 20日、おぎやはぎの小木博明(45)と矢作兼(45)がMCを務めるAbemaTVのトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。「明日のブスのためにブスがブスを語り合う、ブスが主役のトーク番組」として、この日もブスのゲストたちを招き、さまざまなブス事情を深堀り。その中で「それって私がブスだから?」をテーマにトークが展開され、ゲストたちから、「ブスだからこそ受けた切ない思い・辛い経験」が明かされた。

 芸人・梶原つぐみは「ナンパしてくるヤツが、全員歯がない」「ホストに行っても口説いてくるのは歯がない人」と告白。OL・宇佐麻衣は「デートの時に軽装で来てねと言われて出かけたら、ガソリンスタンドで洗車させられた」、フリーター・土佐みきよは「電話の声だけで会う約束をすると、待ち合わせ場所で無視されたり、声は可愛いのに……と、がっかりされる」など不遇な状況が浮き彫りに。その他にも「声をかけてくるのは65歳以上」「顔を半分隠していたらナンパされた」「バスが待ってくれない」など、さまざまな珍エピソードが披露された。

 一方、芸人・岡本美樹は「道を聞かれた時にその場所まで案内しようとすると、同行者と思われるのが嫌なのか、激しく遠慮される」と告白。それでも道を聞かれることがとても多いと語ると、矢作はその理由を「可愛い子だとナンパ目的と勘違いされるからでは」と分析、小木とともに「確かに、道を聞くならブスだわ。経験ある」と納得顔を浮かべていた。


(c)AbemaTV


 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000