平愛梨、子宮頸がん検診を終え「受診して良かった」

 女優の平愛梨が20日、自身のブログを更新。子宮頸がん検診の体験談を披露し、女性ファンから反響を呼んでいる。

画像は平愛梨公式ブログより


 平は今月、子宮頸がんの検診をすすめる「それゆけ!検診女子」の“応援ガール”に就任。実際に検診を行ってきた体験談をブログで報告した。


 「まず思ったのは『気持ちの負担が思ったより少なかった』こと。婦人科の先生が丁寧に受診の流れを説明してくれて受診時間も10分~15分ですぐに終わり、痛みもほとんど感じませんでした。」と一般的に痛そう、怖い、というイメージからは少し違ったと綴り、続けて「私が行った病院は受診の場所や着替えなども、ちゃんと配慮されていました。受診後、先生と直接お話もできるので気になることや不安なことがあったらすぐ解決できます!」「先生は優しくて、私の質問にすごく丁寧に答えて下さいました。受診して良かったなーと改めて思いました‼︎‼︎」と、医師と患者との距離が近く、不安要素を払拭できるように聞きやすい環境が整っている病院だったと明かした。


 これにファンは「私も毎年行ってますよ。」「子宮頸がん検診受けますよ。今年は…ありがたしありがたし。」など、検診を実際に終えてきたという声や「実は姉は、会社の検診で乳ガンが見付かりました!それまでも検診していたのですが…見付けづらいところにあったみたいです!今は姉は元気に、マネージャーをしていますよ!」と、検診のおかげで発見、健康でいられる身内がいるといった声もみられた。


 平が明かした子宮頸がん検診の様子は一例ではあるが、大事な体のために、女性は是非とも受けておきたいものだ。


芸能ニュースをお届け!『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000