中居正広の気配りに芸能リポーターが絶賛 「空気が中居さんの色になる」

 2月20日に放送された『芸能マル秘チャンネル』(AbemaTV)で、芸能リポーター・菊池真由子氏による「気配りができる芸能人ランキング」が発表された。

3位 溝端淳平


「溝端さんってマスコミキラーじゃないですが、ある時CM取材に密着したんですよ。そういうのって、演じてる人からすると邪魔でしょ? だから、私たちは現場では隅っこでコソコソするんですよ。そうしたら、溝端さんは『こんなところで何してるんですか? あっちにケータリングありますよ。一緒に行きましょうよ』なんて言ってくれるんです! その後も声をかけてくれ、私のこと好きなんじゃないかと思った。休憩中、こちらにも来てくれますし。これは本当の気遣いです。休憩の時にわざわざきてくれ、感激しました。未だに忘れられないです」(菊池氏、以下「」内同)


2位 中居正広


「皆さんに靴をプレゼントしたり、ジャンパーをプレゼントしたりしていますよね。それもすごいですが、初めて、中居さんの囲み取材をやったんです。中居さんの囲みって初めてだし、どれだけ喋ってくれるのか? ってことを当初は心配していました。けど始まると、色々喋ってくれたんです。『結婚したくないんだよ』とか『アイドルがしんどいよ、だって42歳(当時)だよ』とか言ってくれました。『サポートする女性が必要なのでは?』と質問したら、『体調管理も生活も自分でもできるからいらない』と言う。 『どんな女性がいい?』と聞いたら『あまり近づかない人』と言い、『じゃあ意味ないじゃないですよね』と突っ込んだら『だからしたくないんだよ』と答えました。その時は、お父さんが亡くなって3か月の頃だったのですが、それについて触れたら、『あっ、そういうこと聞いて(笑)』と言い、空気をほんわかさせてくれます。中居さんは、空気の感じが分かるんですよね。わざと面白おかしくしてくれ、すごくいい囲み取材にしてくれました。中居さんの気配りはすごいな、と思った。空気が中居さんの色になる。ピリッとしたのを飛ばすようなもの。先日も中居さんから、京都のあぶらとり紙の「よーじや」のカプチーノチョコレートを假屋崎省吾さんがブログで書いていましたね」

1位 IKKO


 菊池氏は、IKKOと『バイキング』(フジテレビ系)で共演しているが、毎週楽屋にプレゼントと手書きメッセージが届いているのだという。


「バレンタインの時はお菓子だったりします。これが毎週なんです。MCの坂上忍さん以外にも用意してくださるし、特別ゲストの方にも準備しています。一体そんな準備、いつやってるのかな? これ、『バイキング』だけでなく、出演されている番組、全部でやってるんです。これはもうチャンピオンかなぁ、と思う。そしてこれ(と直筆手紙を見せる)。片手間では書けないでしょ。気持ちがこもっているでしょ!」

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000