近藤千尋、出産2ヶ月前の体に悲鳴 ママファンから応援コメント続々

 モデルの近藤千尋が16日、自身のInstagramを更新。妊娠生活中に起きた体の変化を明かした。

 近藤は2016年11月に妊娠を発表。SNSでぽっこりとしたお腹も披露している中、ある異変が体に起きたという。モデルという職業柄、スリムな体型を維持していた近藤だが、その体に「腰痛」が発症してしまったという。出産予定日2ヶ月前にして、腰が悲鳴をあげしまったようだ。


 これに近藤は「腰が痛い。。涙」「妊婦生活も予定ではあと2ヶ月」「なにがあるかわからないから ちっち用品準備ほぼ用意できたっネットでぽちぽち。」「 それにしても腰が痛い。二回目笑」と、コメント。妊娠初期の“つわり”も体験していた近藤だったが、今回は直接的な痛みに悶えている様子を明かした。


 これに「腰あっためてね!妊婦帯してると少しは楽だよー!無理しないで!」「腰痛いよねぇ。私もよく旦那さんに軽くですが押してもらいましたよ(笑)」「妊婦時代、めちゃくちゃ腰痛くて針治療とか行ってました!」など、ママファンから経験談や、心強いアドバイスが続々と寄せられた。


芸能ニュースをお届け!『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000