性別変更には卵巣や子宮などを摘出する性別適合手術が必要 裁判所が判断

 性別適合手術なしでの性別変更は認められなかった。女性から男性に性別を変えたいと願っている臼井崇来人(たかきーと)さん。法律が求めている子宮や卵巣の摘出手術に疑問を感じる臼井さんは、手術なしでの性別変更を裁判所に申し立てていたが、先週却下された。


 臼井さんは「生殖機能を持たないとなぜ男になれて、持っていたらなぜ人として認められないのか。正直納得がいかないというか、自分自身の存在とかが理解されていない気がして」と話す。

 性同一障害と診断された臼井さん。共に暮らすパートナーの女性、幸さんと彼女の息子と法律上も家族になるために、女性から男性への性別変更を希望している。しかし、性別変更に必要な卵巣や子宮などを摘出する性別適合手術は不要だと訴えている。医者には「色々治療するけど自己責任でお願いします」と言われたという。


 臼井さんは去年12月、手術なしでの性別変更を求め、岡山家裁津山支部に申し立てたが却下された。臼井さんは「幸さんとの結婚を約束しているから出産の可能性はない」としたが、裁判所がこれを認めなかった。臼井さんは岡山高裁に即時抗告している。


 臼井さんの審判を担当している大山知康弁護士は「この21世紀に何かを定める法律で、手術をしなければならないとの要件に驚いた」。さらに「もう少し臼井さんの気持ちをくみ取った、例えば立法でも他の要件でもいけるのではないかと検討してみた方がいいという趣旨の一言でも書いてくれたら、僕も臼井さんも頑張ろうという(気になる)」と振り返った。


 幸さんの息子は去年夏、サプライズで2人の結婚式を企画。その姿は家族そのものだ。6歳の息子は「2人が結婚して欲しかったから」と話す。結婚式をへて息子は2人を夫婦として認めた。しかし最近は「女だったんだよなぁ。女から男になったんだよな。女だよな」など、女という言葉を以前よりも発するようになったという。臼井さんは「家族が力を合わせて、時間をかけて丁寧に向き合っていきたい問題」だと力を込める。

 臼井さんは「高裁に向けて気持ちを切り替えて、チャンスがあれば丁寧に説明をしていきたいと思っている」「自己決定権は体つきではないと思う。人権侵害されているんじゃないかなと正直思っています」「法律が守ってくれないのであれば、今のリアルな世界を大事にして生きていくしかないと実感しています」と心境を語った。


 家族になるための努力をしていきたいという臼井さんと幸さん、そして息子。高裁での判断に注目が集まる。(AbemaTV/AbemaPrimeより)


(C)AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000