大川藍、辛さ405倍のスープカレーに大絶叫

 2月15日放送の若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』では、キャスターを務めるモデルの大川藍(23)が、“原宿一辛い”というスープカレーのお店「SHANTi(シャンティ)」を訪れ、激辛カレーに挑戦した。

 「来てみたいと思っていたけど、タイミングがなくて来れていなかった」と、以前から大川も憧れを抱いていたという同店。「スープカレーは北海道で大人気なんですが、原宿でも食べれちゃうんですよ!」とノリノリで店内へ入っていった。


 同店の「チキンカレー」は、「40倍まで辛くできます」とスタッフ。「(40倍のカレーは)結構好きな人いますよ。400倍を頼んだ方も」とのことだった。


 そこで大川は、「普通のカレーと、400倍の方に負けたくないので405倍のをお願いします!余裕です」と、激辛カレーに挑むことに。

 スープがドロドロになった激辛バージョンが届くと、「やばー!ちょっと待って~!鼻からの刺激でむせます」と、初っ端から慌てた様子で、スプーンの先でほんの少しすくったカレーを口に入れて「辛~!!あ~!やば~!」と絶叫した。

 そして「(400倍カレーは)一人だけ完食しました」とスタッフから聞くと、「私はもう激辛好きとはいえないですね…」と反省。この様子をスタジオのモニターで見守っていた同番組コメンテーター、FUJIWARAの藤本敏史(46)は、「辛そうやったね。俺は絶対無理!」と、食べに行くことを断念していた。


(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000