杉浦太陽、ホワイトデーのお返しは花束で 「ひざまずいて贈る」

 14日、AbemaTVの若者向けニュース番組『原宿アベニュー』の火曜パパコメンテーター・杉浦太陽が、バレンタインとホワイトデーの過ごし方について言及した。

 杉浦は放送中、「きょう、家に帰ったらチョコレートが用意されているはず」とコメント。ちなみにホワイトデーのお返しは毎年、花束を贈っているといい、「大きなカスミソウの花束なんですけど、その中心にバラを一輪入れてもらうんです。『世界中であなただけを見ていますよ』という花言葉を込めて」と明かした。


 結婚10年目の杉浦太陽・辻希美夫妻。蝶野正洋が「まだそこまで愛情を確認しなくちゃいけないの」と素朴な疑問を投じると、「やりたいんですよ。ひざまずいて贈ると盛り上がるでしょ」「楽しまなくちゃもったいないですから。こういうのは大事ですよ」と語った。

 蝶野も「娘がチョコレートを作っていた」と家族円満な様子。中学生アイドルの岩崎春果は、所属するアイドルグループのメンバーのために40個を手作りしたと語った。


 一方、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーは、なんとチョコレートを300個購入。そのうちの200個は、担当するテレビ朝日の番組「ミュージックステーション」のスタッフに配布したという。「女子は大変」「出費がかさみます」とトホホ顔をうかべていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000