動物マニアで有名なアンタ・柴田、実は動物嫌い? マネージャーが暴露

 AbemaTVはAbemaSPECIAL2チャンネルで『柴田地球防衛隊〜地球を守るのは僕らだ〜』を2月13日(月)夜10時から夜11時にわたって生放送した。

 『柴田地球防衛隊〜地球を守るのは僕らだ~』は、“柴田地球防衛隊”としてお笑いコンビのアンタッチャブル・柴田英嗣が隊長を務め、隊員でお笑いトリオのパンサー・尾形貴弘、お笑い芸人・いけだてつや、女優でグラビアアイドル・山地まりが地球を守るため、地球上のあらゆる“ヤバイモノ”を、本当にヤバいのかヤバくないのか全力で検証していく1時間の生放送バラエティ番組だ。


 「集中した時に出る脳波で動く、ヤバイ近未来ドローン」のコーナーでは、人が集中した時に出る脳波を拾って飛ぶ、ドローンが紹介された。ドローン脳波機能を証明するために、日頃から集中力を高めている住職・横山諦元をスタジオに招き、お経を唱えてもらうと見事ドローンを飛ばすことに成功。会場からは拍手が起こった。そしてメンバー4人は実際にドローンの操作を実践することに。大根の桂剥きや、広辞苑を読むなど様々な作戦で集中力を高め、全員がドローンを飛ばすことに成功した。

 その後「ドローンのプロペラによる風で女性のスカートをめくれるのか」の検証を行うことになり、ミニスカートを履いたモデルが登場。これには尾形が挑戦しモデルのスカートの下にドローンを設置した。すると尾形は今までにない集中力を発揮し、ドローンのプロペラによる風でスカートをめくることに成功。尾形の凄まじい集中力に対して、会場では笑いが起きた。


 「集中しないと秘密を暴露!ヤバすぎる一発ゲーム」は、いくつかの一発ゲームから自信があるものを1つ選んで、挑戦するゲームだ。柴田が「失敗してしまった場合、皆さんの知り合いの方から聞いた暴露話を発表します!」と説明すると、尾形は「こういうご時世、遊び半分で(暴露話)やるのダメなんですよ!」とコメント。すると柴田は「この番組はネットに載ってなんぼの番組ですから!」と気合いを入れた。


 いけだは、“風船ガムを膨らませる一発ゲーム”に挑戦するものの、残念ながら失敗。暴露話として、いけだの母から「息子のてつやをメディアで観たことがない。そのため、最近転職を勧めている」という話を公開された。これに対して柴田から「ちなみにその転職先は何?」と問われると、いけだは「新聞配達……凹むな……」と答え、戸惑いを隠せない様子だった。


 続いて、柴田が“フリスクを1粒だけ出すゲーム”に挑戦しますが、いけだ同様失敗する結果に。すると柴田のマネージャーから「動物好きを公言している柴田さんだが、動物の生態を調べるのが好きなだけで、動物自体は好きじゃない。なんなら苦手」という話を暴露され「いやいや、これは違う。語弊がある! 触るのが嫌だね、危ないから。という話をしただけだから!」と必死に弁解した。


(C)AbemaTV


■『柴田地球防衛隊~地球を守るのは僕らだ~』

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000