アダルティックYouTuber・たいぽん、年収は500万円より全然上? 「一般的なサラリーマン以上」と告白

 13日に放送されたAbemaTVのトーク番組『アベマショーゴ ~キテる人フカボリSHOW』に、人気YouTuber(ユーチューバー)のたいぽん(24)がゲスト出演。YouTuberになったきっかけや、収入について語った。

 たいぽんはチャンネル登録社数58万人を超える人気YouTuber。「ウイダーinゼリーを10秒で飲みきれるかやってみた」などのチャレンジ系だけではなく、「コンドーム0.01ミリvs0.02ミリどっちが耐久度あるか検証」など、アダルト系のネタにも挑戦する「アダルティックYouTuber」としても人気を博している。

 元々は人気YouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)のファンで視聴者側だったそうだが、有名になりたいという思いから、手軽にスマホから動画を投稿できるYouTuberに。そう再生数は1億9000万回以上という人気アカウントを運用するまでになった。

 現在の収入は「一般的なサラリーマン以上」だと言うが、同番組のアシスタントを務めるサイバーエージェント社員・熊田和歌さんが「一般的な24歳が稼ぐとなると…300、400、500くらい?」と質問すると「それよりは全然上」と答え、周囲を驚かせていた。なお、個人で税理士を雇い、確定申告もしっかり行っているといい、スタジオの笑いを誘っていた。


 たいぽんは現在、ロックバンド「SEIZE THE DAY」のボーカル・TAIKIとしても活動中。YouTuber初のバンドとして注目を集めている。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000