シュワルツェネッガー、トランプ大統領を挑発 「仕事を代わらないか。そうすればみんなが安心して眠れるようになる」

 トランプ新大統領誕生に揺れるアメリカ。国民を不安に陥れる彼に、あの俳優がツイッターで一本の動画を公開した。


 「おいドナルド。いいアイデアがあるぜ!」と挑発気味に発するのはアーノルド・シュワルツェネッガー氏。映画「ターミネーター」などで主演を果たす人気俳優として、日本でも「シュワちゃん」の愛称で親しまれる人物だ。2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事を務めたことでも知られている。


 その動画では、「いいアイデア」として以下の発言をしている。

 「仕事を代わらないか。あんたは視聴率稼ぎのプロだから、あんたが私のテレビを引き継いだ方がいいよ!そうすればみんなが安心して眠れるようになるよ」


 すると翌日トランプ氏はこれに反撃。「シュワルツェネッガーはカリフォルニア州知事の仕事も最低だったが、アプレンティスでの仕事はもっとひどかった」と、かつて司会を務めていたリアリティ番組「アプレンティス」のホストがシュワルツェネッガー氏に変わってから視聴率が急降下したことを痛烈に皮肉した。


 この2人の応酬に関して日本のネットでは「アメリカって日常がハリウッド映画みたいだな」「プロレスだな。こいよトランプ!大統領職なんて捨ててかかってこいや!」「シュワちゃん、トランプより大統領向きかもな」などの投稿が相次いでいる。


 「これも話題作り」とジャーナリストの山口敬之氏は語る。日米首脳会談では日本側に非常にサービスをした点を挙げ、「二種類のトランプさんがいると思った方がいい。このようなニュースは関係ないから無視した方が良い」と述べた。(AbemaNewsチャンネル/みのもんたのよるバズ!より)


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000