りゅうちぇる、ロケで意外な英会話力が明らかに

 タレントのりゅうちぇる(21)が主催者となり、さまざまなパーティーを開催するバラエティ番組『りゅうちぇる×ちゃんねる』(AbemaTV)。2月10日の放送では、お笑いコンビ・マテンロウのアントニー(27)をゲストに迎え、「国際交流パーティー」を行った。

 この日、2人は外国人と英語で仲良くなるべく、東京・浅草にあるホステル「サクラホステル浅草」へ繰り出すことに。今回の企画では、通訳を介することなく、初対面の外国人とコミュニケーションをとらなければならない。

 2人には外国人と仲良くなるためのルールとして、ニックネームをつけ合うこと、ハイタッチをすること、記念写真をSNSに挙げてもらうことの3つが伝えられた。


 ゲストに登場したアントニーは、アメリカ人と日本人のハーフ。見た目は完全に外国人だが、りゅうちぇるから「英語話せるの?」と聞かれると、「英検5級落ちてる。全然喋れない」と自信のかけらもない様子。それでも「海外ロケめっちゃ行く」と話し、ソウルやボディランゲージで乗り切ると意気込んだ。

 「サクラホステル浅草」に到着した2人を待っていたのは、共用スペースでくつろぐ複数の外国人宿泊客。「早速絡みづらそうな感じ…」と尻込みしつつも、男性3人組に声をかけた。 りゅうちぇるは「アイム原宿スター」と自己紹介をし、会話がスタート。2人は片言の英語を駆使し、名前や日本に来た目的、年齢などを聞き出したが、「何歳に見えるか」という質問を英語で何と言えば良いのかわからず、見かねたスタッフがiPadを差し出し、Google翻訳の力を借りる場面も。その後は何とかお互いの発言を理解し合い、写真を撮ることに成功した。

 「サンキュー」とお礼を伝え、3人の元を去ったりゅうちぇるとアントニー。すると、自ら握手を求め、りゅうちぇるに「ビューティフォー!」と声をかける明るい男性が現れた。どこから来たのか尋ねると、「メキシコ」とのこと。 3人は「テキーラ!」と言い合い、テンション高めに早速ハイタッチ。りゅうちぇるが「めっちゃ“けつあご”なんだよね」と言うと、自分の顎を指しておどけて見せるなど、少し日本語がわかるというこの男性との会話は、比較的スムーズに進んだ。

 ここでりゅうちぇるは、意外にも英会話力を発揮。「観光と銭湯に入ること」が目的で来日したと話す男性に、アントニーは「銭湯は気持ち良かった?」と聞きたいが、言葉が出て来ない。そこでりゅうちぇるが「フィールグッド?」と助け舟を出すと、無事に意味が通じ、会話が成立した。


 続けてりゅうちぇるが英語で「日本のどこが好き?」と質問すると、男性はアニメが好きで、特に高橋留美子作品のファンということが判明。“ラムちゃん”や『めぞん一刻』などのワードで盛り上がった。

 その後はベルギー人女性とイギリス人男性にインタビューをし、「国際交流パーティー」を終えた2人。番組の最後でアントニーが「りゅうちぇるが英語めっちゃ喋れるんだもん。すごい」と驚いた表情を見せると、りゅうちぇるは「でしょ?意外に喋れるの」と得意気に話していた。 


(c)AbemaTV

『りゅうちぇる×ちゃんねる』は毎週金曜日よる10:00〜11:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中  

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000