スーパーファミコンで1000倍の巨大コントローラーも 「闘会議2017」

 ゲームセンターを彩るアーケードゲームの最新作が一堂に会するゲームイベント「ジャパン アミューズメント エキスポ 2017」(以下、JAEPO2017)と、最新ゲームからレトロゲームまで古今東西あらゆるゲームが集まる“ゲームの祭典”「闘会議 2017」が2月11・12日の2日間にわたって、幕張メッセで開催されている。

 最新ゲームの体験コーナーから個人参加やチーム対抗戦のゲーム大会をはじめ、花札やポーカーなどのカードゲーム、また、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の体験エリアもあり、一日では回りきれないほどの様々なゲームが体験できるまさに過去最大のイベントとなっている。

 最新のVRもあり、人気になりそうなのが「高所恐怖SHOW」。体験者はVRをつけ、地上200mの高さから突き出た細い板の先にいる猫を救出するというもので、実際に板も用意されるなど臨場感満載の体験アクティビティとなっている。


 そしてドワンゴ主催の「闘会議2017」。ゲームジャーナリスト・ジャンクハンター吉田氏が気になったのが、スーパーファミコンの巨大コントローラーだ。普通のコントローラーの1000倍の大きさで、初期のマリオやストリートファイターなど懐かしのゲームソフトが楽しめるものとなっている。


 この週末、予定が決まっていない人は“ゲームの祭典”を訪れてみてはいかがだろうか。(AbemaTV/AbemaPrimeより)

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000