「来日するとたくさん食べちゃうから、太るのが心配」SUPER JUNIORのキュヒョンが生歌を披露

 甘いマスクと温かい歌声で"バラードの貴公子"と呼ばれている、「SUPER JUNIOR」のキュヒョン。日本にも多くのファンがおり、昨年「SUPER JUNIOR」のメンバーとして初めてソロツアーを開催、7か所・16公演で合計5万5千人が動員するという大成功を収めた。


 現在2度目の全国ツアー中のキュヒョンが、AbemaTV「AbemaPrime」のスタジオにゲスト出演、生歌を披露した。ソロとして日本のテレビに生出演するのは初で、その姿をひと目見ようと、六本木のテレビ朝日・けやき坂スタジオには多くのファンが詰めかけた。

 今回披露したのは、8日にリリースされた自身初のソロアルバム「ONE VOICE」の収録曲、「僕のまじめなラブコメディー」。「好きな人や夢に対して勇気を持とう」というメッセージが込められており、自身について「控えめなんですけど、一生懸命頑張ろうとするタイプです」と話し、「聞いて下さる方に感情が伝わることが大事なので、歌詞のような状況に置かれていると思いながら歌っています。例えば中学生の時を思い出しながら…でも秘密です(笑)」と歌うときのポイントを教えてくれた。


 一方、韓国ではテレビ番組ではゲストを困らせる役回りを演じていたといい、"毒舌キャラ"としても有名だというが、本人は「実はとても良い人です(笑)」。


 日本食が好きだというキュヒョン。一番好きな食べ物はラーメン、とくに辛い味噌ラーメンを、チャーハンと一緒に食べるのが好きだという。「来日すると、各地の美味しいものを探すのも楽しみ。たくさん食べちゃうから、太るのが心配」と笑顔で語った。


 「日本のファンの皆さんは、落ち着いて見守ってくれるところが印象的です。期待しながら待っていらっしゃる方も多いので緊張します。その期待に応えられるように、頑張っていい公演にしたい」とアピールした。(AbemaTV/AbemaPrimeより)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000