きれいになった高梨沙羅、「美人肌寝具」の広告の顔に

 昨年末以来、ネットで話題となっているのが、先日スキー・ジャンプ競技のワールドカップ記録の53勝に王手をかけた高梨沙羅(20)が「きれいになった」ことだ。SNSやニュースサイトなどでも話題となった件だが、高梨は現在大手化粧品メーカー・資生堂とも契約し、メイクの相談などにも乗ってもらっているという。そんな高梨の「きれい」を題材にした広告が登場した。

 今年1月に新聞で登場したマットレスメーカー・エアウィーヴの広告だが、同社製品のユーザーだという高梨のビジュアルとともに「エアウィーヴを使いはじめて4年になります。最近、きれいになったねと言われます。」のコピーが書かれている。そのうえで、寝具が「美人肌」に関係する理由とし、〈「上質な睡眠」は成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンは、コラーゲンの形成や、脂肪の分解に大きく関わっており、肌状態、スタイルにとても影響するんです〉と解説された。


 つまり、「睡眠」と「美」の関係性について言及したが、同社広報担当は元々「美人肌寝具」という考え方を抱いていたのだという。今回の広告について、同社広報担当はこう語る。


「2016年に当社によって始動した『美容睡眠研究』プロジェクトが発端です。一般的に“質の良い睡眠”は美をもたらすことが世間でも言われているので、それを実証すべく取組を開始しました。76人の女性に当社のマットレスを使ってもらい2か月間の調査したのですが、起床時の眠気は下がり、肌の状態(化粧ノリ、ハリ、明るさ、ツヤ)ともに良くなるとの結果を得られました。

その実証データを元に、最近めっきりキレイになったと世間で評判の高梨紗羅さんをミューズ(女神)として、“質の良い睡眠で美しくなる”=美人肌寝具の訴求で、世の中にきちんとまじめに眠ればキレイになる!を伝えて行きたいと思い、今回のコンセプトに至りました。高梨さんは、当社商品を海外にも持って行ってくださっているようで『ベストなパフォーマンスを発揮する為に欠かせないアイテムです』と語っていらっしゃいます」


 昨年末来の「高梨がきれいになった!」という声が出る以前から高梨とは関係性があったようだ。高梨は過去の報道では「オフシーズンにメイクの練習に励んだところ、最初は遊び感覚だったのがハマってしまった。お化粧することでスイッチが入って、気持ちにメリハリがつく」といった発言をしているが、睡眠も「きれい」に影響しているということか。


 ワールドカップ53勝は、男女合わせての最多記録。グレゴア・シュリーレンツァウアー(27=オーストリア)の記録にあと「1」に迫った。「きれい」も併せ持つようになった高梨の記録更新は間近だ。  

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000