王者はいまだ雌伏期間 タイガー・ウッズ、完全復活の日は訪れるか?


【写真:ゲッティ】

 1月26日からカルフォルニア州サンディエゴのトーリーパインズで開催されていたファーマーズ・インシュアランス・オープンで、約1年5か月ぶりにツアー競技に復帰したタイガー・ウッズ(米国)だったが、スコアが「72」と伸び悩み、4オーバーで予選落ちした。


 4日間の戦いを制したのはイーグルを含む「65」、通算13アンダーを記録した22歳のホン・ラーム(スペイン)。また石川遼はスコアを「68」として通算6アンダー、20位タイで戦いを終え、松山英樹は「72」をマークして通算4アンダーのまま33位タイでフィニッシュ。松山は日本時間30日発表の世界ランクで5位に浮上、日本人では96、97年の尾崎将以来となるトップ5入りを果たしている。石川遼は107位。


 予選落ちという結果に「マスターズにピークを持っていく」と強気の姿勢も見せたウッズ。しかし、選手としてピークアウトした、という論調に材料を与える残念な結果となってしまった。


 初日のツアー復帰ラウンドは「76」。3バーディ、5ボギー、1ダブルボギーで4オーバー133位タイと、満足のゆく結果ではなかった。フェアウェイキープは14ホール中4ホール、パーオンは18ホール中9ホールだった。


 2日目は復調。フェアウェイキープは10回を数え、パーオン成功も2回増えて11回。しかしパット数が30を越えた前日に続き、グリーン上で苦戦してバーディを奪えず、ジュニア時代をのぞいて過去7勝を挙げているトーリーパインズで苦汁を舐めた。


 41歳となったウッズだが、過去には46歳でマスターズ・トーナメント覇者となったジャック・ニクラウスなど、40代選手のメジャー制覇の前例はある。2009年暮れの交通事故に端を発した不倫騒動から低迷期に入り、以後低空飛行を続けるウッズだが、王者復活を願う声は根強い。


 2月2日開幕の欧州ツアー「ドバイ・デザート・クラシック」にも出場予定のウッズ。「今の僕には実戦でプレーすることが必要」と語る通り、約1年5か月ぶりのツアー競技復帰であるだけに、小さくとも着実なステップを重ねることが今のウッズには必要だろう。


 もちろんメジャー通算15勝目こそが復活を印象づける大きな成果だ。しかし自ら主宰した昨年12月のヒーロー・ワールドチャレンジでの戦線復帰、そして今大会の結果を見るかぎり、かつての王者はいまだ雌伏期間にあるようだ。かつての神懸かり的なプレーに世界が酔いしれる日は、ふたたび訪れるだろうか。


文・多田義人

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000