片山萌美「ずっと演じてみたかった役なので、本当に嬉しく、光栄でした」 『只野仁』いよいよ最終回へ

 「AbemaTV」放送中の「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル」が、いよいよあす最終回を迎える。


 毎回恒例のゲスト出演者には、先日発売された写真集が話題の片山萌美、"筋肉がすごい"イケメン俳優の山口大地、そしてセクシー女優であり、映画・舞台でも幅広く活躍する栗林里莉が登場する。


 あらすじは、黒川会長(梅宮辰夫)からの「部長になったどうだ?」との打診に悩む只野(高橋克典)の元に、マキムラ電工の槇村会長(山田明郷)の一人娘のアリサ(片山萌美)が交際中の電王堂社員・堀(山口大地)の素行調査の依頼が舞い込む。只野が調べたところ、堀には泉(栗林里莉)という恋人もおり、妊娠していることまで判明し…。というもの。


 AbemaTIMES編集部では、今回もゲストに見どころを聞いた!


■片山萌美「ずっと演じてみたかった役なので、本当に嬉しく、光栄でした」

ーー片山さんは、モデル、グラビアのお仕事から、女優にも活動の幅を広げていっていらっしゃいますが、ドラマに出演してみていかがでしたか?


片山:とても自由に演技させていただけたのかなと思います。ずっと演じてみたかった役なので、本当に嬉しく、光栄でした。初めて経験する体当たりなシーンもあり、共演者の方々へご迷惑がかからないか心配で不安で、それが何よりも難しかったと思います。


映像のお仕事はたくさん経験があるわけではないので、緊張感を常に持ちながら…!けれど、楽しく演じさせていただきました!

ーー演技のここに注目しておいてほしいというところは?


片山:嬉しいことに、高橋克典さんに「最後の泣くシーンが可愛らしかった」と言っていただき、とても嬉しかったので、ぜひに。そして、パパ役の山田明郷さんにビンタされるシーンも…!私は参加してませんが、やはりアクションシーンは圧巻です!!


■山口大地「二股をするという状況は、とても不思議な感覚」

ーー片山さんと栗林さんの"二股"という設定ですが、どのようなお気持ちでしたか?


山口:二股をするという状況は、とても不思議な感覚でした。僕は自分の時間が好きで、誰かに対してそこまで器用に時間を使える方ではないので、少し尊敬します(笑)


ーー高橋克典さんと久しぶりの共演だったとのことですが、感想をお願いします!


山口:改めて本当に素晴らしい方だと感じました。自分の父親に近い年齢にも関わらず、作品との向き合い方や現場の作り方、全てに誠実に向き合ってらっしゃいます。これからもずっと僕の憧れの存在です。


■栗林「何と…◯◯してます!」

ーー映画、舞台の経験が豊富な栗林さんですが、AbemaTV(インターネット)のドラマは何か違いましたか?


栗林:撮影中はあまり感じなかったのですが、配信が始まってからどれくらいの人が観て下さるのか気になってしょーがないです(笑)


ーーズバリ、出演シーンの見どころはどのあたりでしょうか?


栗林:山口さん、片山さんと私の三角関係の行方が見どころです!あと、私が演じた坂本泉は何と…◯◯してます!


■「ここでしか観られないセクシーなシーンもあります」

ーー皆さんから視聴者にメッセージをお願いします!


片山:特命係長 只野仁という、とても人気のあるドラマに出演でき、とても光栄です!!最終話!ぜひ盛り上がって、楽しんでください!


山口:只野係長は中学時代の僕のヒーローだったので、特命シリーズの復活、心の底から嬉しく思います!多くの方に愛された作品に携わることが出来て非常に光栄に思います。土曜の夜に大人の時間を楽しんでいただければ幸いです!


栗林:中学生の時に夜中こっそり観ていた只野仁に出演できてとても光栄でした!


高橋克典さんを始めとする素敵なキャストさん、スタッフさんと一緒にこのドラマに参加させて頂いて一生の思い出になりました。最終回、是非観て下さったらうれしいです!ここでしか観られないセクシーなシーンもありますので、ドキドキしながらこっそり観るのもおすすめです。(笑)


---

只野は部長に昇進するのか?そして、片山扮するアリサらの三角関係はどうなるのか?注目の最終回は明日夜11時から。また、これに先立ち、夜7時20分からは1話〜4話が一挙放送される。


■AbemaTV『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』(全5話)

・放送日:

【最終話直前SP】特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル 一挙放送 2月4日(土)19:20 〜 23:00

 最終話 2月4日(土)夜11時~

・放送チャンネル:AbemaSPECIAL2

・番組HP:http://drama-tadano.abema.tv/


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000