フジモン 鍼灸の施術を受け、顔の右半分だけ「めっちゃ男前に」なる

 2月1日(水)にAbemaTVで放送されたお笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』にて藤本が顔に鍼灸の施術を受け、その効果に驚いた。

 同番組は、「もし藤本が明日芸能界から干されてしまったら…」というテーマのもと展開されるバラエティ番組。藤本が万が一、不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことをリクエストする。

 今回は、ゲストにロッチが登場し、コカドケンタロウが「フジモンさんと鍼灸がしたい」というリクエストを提案。コカドは「やったことないけど、今まで凝りがなかったけど、最近になってすごい凝りだしたの。ほんで、鍼がホンマに楽になるって聞いたの」と肩こりについての悩みを打ち明けた。コカドの悩みを解決するためにグラン治療院東京の小川真由子院長が登場。コカドは背中や肩の凝りを解消するため、藤本は小顔効果があるという鍼を打ってもらうこととなった。

 最初に挑戦したコカドは、施術が終わると「ホンマに楽かもしれん。こんな即効性あります?マジで?マジで楽!」と感動。続いて、フジモンが顔の鍼に挑戦し、ほうれい線についてはビフォーアフターの結果がわかるように右側だけ打つことになった。

 しばらく時間をおいて鍼を抜くと、施術後のフジモンの顔についてロッチの2人は「上がってません?ほうれい線が。こんな即効性あるの?」とすぐに見た目で効果を実感したようだ。さらにコカドは「右、上がってる!右めっちゃ男前!」と感想を述べ、フジモン自身も「ホンマや!すご~い!」と感動の声を上げ「鍼すごいやん!鍼~!」と喜び、リクエストは達成された。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000