指原莉乃、声優アイドルをプロデュース メンバーの恋愛には寛容な姿勢

 HKT48の指原莉乃(24)が声優アイドルをプロデュースする。オーディション開催の記者発表会が1月29日、都内で実施された。

 指原が今回プロデュースするのは、声優業とアイドル活動を並行して行う声優アイドル。声優教育は代々木アニメーション学院が全面バックアップする予定だ。指原は記者発表会で「中学生のころからアイドルが大好きだったので、理想のアイドルを作りたいと思っています」と意気込みを語った。


  初めて人材育成を行うにあたり、AKB48グループの総合プロデューサーである、秋元康氏にもアドバイスを求めたという指原。秋元氏は「相談に乗るし、話しも聞くけど、基本的には指原の好きなようにやりなさい」と、背中を押してくれているそう。

 指原は「これからはライバルとして、あっちゃん(前田敦子)と優子(大島優子)みたいな感じで、康とさっしーみたいなライバル関係でいきたいと思っています」と堂々のライバル宣言。「ここで一発、秋元康超えしたいなと」と力強く語った。


 なお、一般男性との恋愛スキャンダルが原因で、HKT48に移籍した経歴を持つ指原。報道陣からグループに所属するメンバーの恋愛について尋ねられると、「ファンが減ることを覚悟で(恋愛を)やりなさいよ、と言うと思います」との見解を示した。

 1月30日放送の若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)で会見の模様が紹介されると、コメンテーターを務めるレッド吉田(51)は「さっしーの感覚だったら、面白いアイドルが生まれそうじゃない?」と期待を寄せた。


 ちなみにオーディションの応募資格は満12歳以上の女子で経験は不問となっており、年齢の上限は設けられていない。レッドは「じゃあ、うちのおふくろでもアリ?ただ、うちのおふくろ歯が抜けてるから、スカスカの声だよ」と話し、笑いを誘っていた。


(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000