れいぽよ、見事なアドリブに「天才か」の声

 26日、渋谷のパーティーロッカーことあっくんと雑誌「S cawaii!」などで活躍するモデル・鈴木あや(27)がMCを務めるAbemaTV『#SHIBUYAbema』が放送された。今回は雑誌「popteen」の人気モデル・れいぽよこと土屋怜奈(16)をゲストに迎え、#SHIBUYAbemaの女子高生リポーターをオーディション。集まった4人の女子高生がそれぞれの個性をアピールする中で、進行役の鈴木のポンコツぶりが露呈。反対に土屋の意外な才能が発見された。

 女子高生の一人が秦基博の「ひまわりの約束」をアカペラで披露し始めると、鈴木はわずか1フレーズしか歌わせず、2フレーズ目からカラオケのノリで歌声を被せて“参戦”。あっくんが「おい!邪魔するなよ!」「なんでそんなに早く歌った?もうちょっと我慢できなかったのかよー!」と大慌てしても、無邪気に「この歌めっちゃ好きー」「いい歌だよね!」とご機嫌な様子でニコニコ。審査がグダグダになり、あっくんは「え、歌、これで終わり!?」と、トホホ顔で呆れていた。

 また、渋谷の歴史クイズを読み上げる際は、「伊豆諸島・新島から寄贈された、忠犬ハチ公と同じく定番の待ち合わせスポットは」という問題文で、「寄贈」「忠犬」が読めず、「……からナントカされた、なん……けんハチ公と」と誤魔化しを重ねることに。これには女子高生たちも爆笑し、あっくんから「『ちゅうけん』だろうが!」「しっかりしてくれよー!」と鋭いツッコミを受けてしまった。

 一方、そんな鈴木から当初「頭の回転が悪い」と紹介されていた土屋だが、空想リポート対決の手本を見せることになると、「よみうりランドのイルミネーション」をテーマに見事なアドリブを披露。


 「ピンクとか黄色とかいろんな色がありますね。あそこにもカップルが。羨ましいですね!ハートのイルミネーションがありますね!ベンチもあるということは、あちらでカップルがキスをするのでしょうか…!」と、具体的な空想リポートに、あっくんと鈴木は「風景が目に浮かんだ」「天才か?」と大絶賛。「実は国語力はあって」と照れ笑いし、株を大きく上げていた。 


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000