『カルテット』松たか子、高橋一生らが歌う「おとなの掟」 レアすぎるフルverが2日で12万再生突破

 火曜ドラマ『カルテット』の主題歌「おとなの掟」のMVフルバージョンが1月24日、期間限定で公開された。

 同ドラマは「カルテット ドーナツホール」という四重奏ユニットを組むことになった松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生が繰り広げるラブストーリー&ヒューマンサスペンス。

 本作の主題歌「おとなの掟」は、椎名林檎が作詞作曲を手がけ、出演者である松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の4人が「Doughnuts Hole」という、ドラマ限定ユニットを組んで歌うことで注目を集めている。TBSの公式YouTubeチャンネルで公開されたフルバージョン映像は、1月31日夜10時までの1週間限定公開となっており、早くも公開2日目にして12万回再生(26日19時現在)を超える人気動画となっている。次回放送を楽しみに待つファンも多く、SNSなどの拡散もあり、再生数も伸び続けている。


 1月31日の放送では、いつものように別荘で気ままに過ごしているすずめ(満島ひかり)の元に有朱(吉岡里帆)がやってくるという。「休みなのにデートしないのか。なぜ彼氏を作らないのか」と質問する有朱にすずめは「告白が苦手だ」と答える。すると有朱は「大人は誘惑するものだ」と語り、その方法をレクチャー。その後、4人がノクターンに向かう準備をしていると、出発のタイミングで、諭高(高橋一生)が真紀(松たか子)と司(松田龍平)が同じボーダー柄の服を着ていることに気づく。諭高は「特別な関係に見えてもいいのか」と指摘し、司は急いで着替えにいく。真紀がボーダーを着るときの条件を聞くと、「昨日ボーダーを着てた人と会うとき」と諭高はお決まりの持論を展開する。


 そんなやり取りを経て、ようやくノクターンに到着すると、ボーダーを着た見知らぬ少年(前田旺志郎)が現れる。その少年から「あなたのお父さん、もうすぐ亡くなります」と突然告げられ、動揺するすずめだったが……。冬の軽井沢を舞台に共同生活を送る大人が、今後どのような展開で視聴者を楽しませていくのか、次回放送も目が離せない。



芸能ニュースをお届け! 『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000