「自信がなくて、これを見る人がいるんだって不思議で…」乃木坂・齋藤飛鳥が初のソロ写真集を控えめにアピール

 25日、乃木坂46の齋藤飛鳥のファースト写真集『潮騒』(幻冬舎刊)が発売され、都内でお渡し会が開催された。


 タイトル『潮騒』について、読書好きの齋藤は「三島由紀夫さんの『潮騒』が好きなので、同じタイトルなのが嬉しいです。でもファンの方には握手会で「読めない、なんて読むのって」って言われて…(笑)」と苦笑。

 昨年夏のシングル『裸足でSummer』ではセンターに抜擢された齋藤。ファッション誌のレギュラーモデルに起用されるなど、女性からの人気も高く、乃木坂の次世代を担うメンバーとして期待を集めている。今回の写真集は、生田絵梨花や深川麻衣など、他の乃木坂メンバーの写真集も手掛けた細居幸次郎氏により、北海道と石垣島で撮影され、「女性も見やすくて可愛らしい、ファッション誌のようなカットもあります」とアピールした。

 一方、自身のことを"ネガティブな性格"と話す齋藤は、「出版が決まったときも、なんで私が出すんだろうって…。でも、撮影はすごく楽しかったし、素敵な経験でした」と振り返った。周囲の感想は?との質問にも「恥ずかしくて、寝る直前に渡してすぐ寝室に逃げてきたので、感想はまだ聞いていないんです。メンバーにも私からは見せてなくて、秋元真夏に"見せて"って頼まれたけど"イヤだ"って(笑)」とあくまで控えめ。

 お気に入りの一枚は、大きなクマの像と笑顔で写っているカット。「普段、ステージの上とかではかっこつけたがりで、できるだけ素を見せないようにしてしまうので、ファンのみなさんも、私はあんまり笑わないっていうイメージがあると思う。でも、このときは本当に楽しくて、珍しく爆笑している素の自分が出ています。今回の写真集は、素の4分の3は出ています」とコメント。


 写真集では、水着のカットにも挑戦。

 「(海での撮影のために)準備をしなきゃなと思っていたんですけど、いざ北海道でカニを目の前にすると、欲求を抑えきれず…」

 「昔から思ってたんですけど、なんでビキニってあるんだろうって。発案者の事を調べたら歴史がいろいろあるみたいで。どういう気持ちで作ったんだろうなと思いながら撮影していました(笑)。照れくさかったんですけど、スタッフさんたちと綺麗な海で楽しんでいるうちに自然に撮っていただけたので良かったです。でも、抵抗がないと言えばウソになると思います。これからも自分で進んでは着ないと思います、しばらくは大丈夫です(笑)。」

 「作るまでに多くの方が準備をしてくださって、そして形になったので嬉しいです。自分の顔には自信が無いのに、それがズラッと並んでいるのを見ると、今でも不思議な気持ちです。嬉しいんですけど、これを見る人がいるんだって…(笑)。(2冊目、3冊目の写真集の可能性は)そんなに見る人がいるのかなって…」と、終始謙虚な齋藤だった。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000