お笑い芸人・いけだてつや『羊の脳みそカレー』試食 そのお味は…?

 AbemaTVは、AbemaSPECIAL2チャンネルにて、『柴田地球防衛隊~地球を守るのは僕らだ~』#15を1月23日(月)夜10時から夜11時にわたって生放送した。


■柴田英嗣、過去の詐欺被害を告白 パンサー尾形が生放送中に失言

 本番組は、“柴田地球防衛隊”としてお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が隊長を務め、隊員のお笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘、お笑い芸人のいけだてつや、女優・グラビアアイドルの山地まりが地球を守るため、地球上のあらゆる“ヤバイモノ”を本当にヤバいのかヤバくないのか全力で検証していく1時間の生放送バラエティ番組。

 今回検証していく“ヤバイモノ”は「SNSで横行するヤバイ詐欺」と「とあるレストランにあるヤバイメニュー」の2つ。詐欺についての話題になると、柴田は「実際俺も、昔詐欺にあった。テレビ買ったら送られてこないんですよ。被害者でグループを作って警察に送った」と過去にあった詐欺被害について告白した。また、ヤバイレストランについて柴田が「例えば、レストランで値段が書いてなくて、蓋を開けてみたらとんでもない金額だったとかもあるよね」と話すと、尾形が「たしかに。オプションが勝手についたりとかありますよね。お触りとか…」と際どい発言。柴田が「お前、彼女のお父さんから結婚の許可をもらったばっかりだろ!」とつっこむと、「そうだ!彼女のお父さん、この番組を見ているって言っていた!」と慌てている様子だった。

■パンサー尾形、学生時代にアイプチをしていた「モテたくて」

 「SNSで横行するヤバイ詐欺」では、SNS上でよく見かける“詐欺メイク”の技術を持った女性3名が登場。すっぴん画像と比較して、その変身ぶりに驚く4人。いけだが一重まぶたの女性に「どうやって二重にしているのですか?」と質問すると、女性は「アイプチと、目細工を使っています」と教えてくれた。尾形が「俺も、もともと一重ですからね。大学の時にモテたくて、アイプチをしてクセをつけて二重になりました」と告白。続いて山地も「私もそれ中学の時にやっていました」と明かした。

■山地まり、「アヒルのふ化前ゆで卵」に絶叫

 「とあるレストランにあるヤバイメニュー」のコーナーでは、料理名だけでは正体が分からないメニューを食べて、その料理がヤバイのか検証してきた。最初に挑戦したいけだが選んだメニューは、カレーの名前にありそうということで「ブレインマサラ」。この料理はパキスタンの定番メニューという説明を聞いて安心したいけだは、「これめちゃくちゃおいしい!」と喜んでいたが、料理の正体が「羊の脳みそカレー」だということを知ると「おいしかったけど想像するとゾッとしますね」とコメント。続いて挑戦した山地が「バロット」を選ぶと、男性陣は芸人の勘から「一番怖いけどね」「芸人は選ばない」と恐れている様子。それを聞いた山地も途端に不安な表情を浮かべた。運ばれてきた「バロット」と見て、見覚えがある男性陣は「これ知っている!これはヤバイ」「これは一番ダメだから」「俺も無理。これバロットって言うんだ」と慌て始めた。「バロット」は「アヒルのふ化前ゆで卵」でフィリピンやベトナムで多く食べられている料理。料理の正体がまだ何か分からない山地が卵の殻を割って中身を見ると「キャー!」と絶叫。泣きそうな表情でなんとか一口食べていた。

AbemaSPECIAL2/柴田地球防衛隊~地球を守るのは僕らだ~より)

(C)AbemaTV


■『柴田地球防衛隊~地球を守るのは僕らだ~』

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000