本屋大賞や芥川・直木賞受賞で、購買意欲が高まる?

 19日、第156回芥川賞に山下澄人さん(50)の『しんせかい』、直木賞に恩田陸(52)さんの『蜂蜜と遠雷』が選ばれた。


 山下さんはインタビューに「ホッとした。今回で候補に選ばれたのは4回目。今まで落ちた時に"申し訳ありませんでした"と言っていたが、今回は言わなくて済んで良かった。」とコメント。すでに100件程のお祝いメールが山下さん届いていることを明かし「芥川賞ってすごいんだなあ」と笑顔を見せた。


 「しんせかい」は、今回の表紙の題字も担当した脚本家の倉本聰さんが主宰する「富良野塾」に山下さんが在籍していた時のことを書いた私小説。当時は役者志望だった山下さん。倉本さんからは「もっと分かりやすいものを書け、あと奥さんに感謝するように」と"倉本流"の賛辞が寄せられたという。


 今後の活動についても「僕らは依頼されて初めて仕事になるので、またちょっとだけ生き永らえるなあと。」と謙虚な姿勢を崩さなかった。


 一方、直木賞に選ばれた恩田さんは6度目のノミネート。受賞作「蜂蜜と遠雷」は、4人のピアニストが国際コンクールを目指す青春小説。


 「全く実感がなくてうろたえている。自分には縁のない賞だと思っていた。」と驚きを隠せない様子の恩田さん。今回を含め、これまで6回候補に挙がっていたが、「プロになって20年、自分がどの程度のものを書いているのか分からなくなる時があった。そんな時候補にしていただいて、第一線にいるんだなと実感できるという意味で励みにしてきた」と直木賞についての思いを語った。


 また、恩田さんは本屋大賞を受賞してから直木賞を受賞した初めての作家となる。


 「本屋大賞は読者代表から選んでもらったのですごく嬉しかった。今回の直木賞は、書く側のプロに選んでいただけるということで大変光栄なことだなと思っている」(恩田さん)


■本屋大賞や芥川・直木賞受賞で、購買意欲が高まる?

 今、出版業界は"本が売れない"という問題に直面している。東洋経済オンラインの山田俊浩編集長によると、出版業界はその打開策の一つとして、「話題になりそうな本を引っ張って賞を与えるということもある」と指摘。受賞作をドラマや映画にするなど、ビジネスにどう繋げていくのか、関係者も注視するという。


 本屋大賞受賞作と芥川・直木賞受賞作どちらが"売れやすい"のだろうか。


 山田氏は「本屋大賞は本当に本が好きな熱気のある書店員が選ぶ。本屋に来てくれた人に本当に読んでもらいたい本を熱心に選考しているので、良い本がエントリーされている。実際、今の時代に合っているのは本屋大賞に選ばれた本だろう。ファンが選ぶものとプロが選ぶものとでは、やはり異なる」と話す。


 そして受賞者にとって一番大事なのが"次回作"だ。


 「選ばれた後というのは、色んな出版社から依頼がくる。しかし次が当たるか外れるかで"一発屋"になるか"今後も生き永らえるか"が決まる。」(山田氏)


 今回授賞した両作が今後どのような展開を見せるのか。注目だ。(AbemaTV/AbemaPrimeより)


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000