女子高生が語るプリクラのトレンド 「落書きはもう古い」

 19日、渋谷のパーティーロッカーことあっくん(29)と雑誌「S cawaii!」などで活躍するモデル・鈴木あや(27)がMCを務めるAbemaTV『#SHIBUYAbema』が放送された。先週に続き、今回も女子高生が登場。彼女たちから「イマドキJKの行きつけスポット」を教えてもらう中で、あっくんと鈴木は最新のプリクラ機に挑戦することになった。

 最近流行っているポーズは、サムアップさせた両手の親指同士をくっつけて親指を下にする「ハートポーズ」。教えてもらったあっくんと鈴木は、「え、なんか虫みたいじゃない?」「ナウシカの王蟲っぽい」「海辺の岩場によくそうゆう化石あるよね。フナムシポーズ?」とさんざんな言いよう。女子高生たちとの感覚の違いに戸惑っていた。

 最近のプリクラのトレンドとして「落書きはもう古いですね。シンプルなのが多いです」「名前も書かないです。リップとか目の大きさをちょっと変えたりするくらい」と教わったMC2人は、さっそく女子高生たちの間で人気のプリクラ「KATY2」に挑戦。モデルの鈴木はさすがのポージングを見せ、あっくんはキメ顔が妙にオカマっぽくなる不思議なショットを撮影した。

 しかしプリクラの加工で目の大きさや肌の色を変える段階になると、2人は操作に手間取って時間切れに。あっくんは「プリクラだめだ、全然わからない」とお手上げ。「自分たちの時代と違うな」とジェネレーションギャップを感じつつ、「やってる遊びは似たようなものだけど、進化してるね」と色々学べた様子だった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000