河合美智子 脳出血からの退院会見、右足引きずるも見せたサービス精神

 昨年8月に脳出血を発症し、10日に退院した女優・河合美智子(48)が17日、会見に応じた。

 河合は映画撮影のための稽古中、右足が動かなくなるなど体の状態が急変。救急隊員が駆けつけた時には右半身が動かなくなり、ろれつも回らなくなっていたことが明かされている。集中治療室で1カ月半治療を続けた後リハビリ専門病院に入院。今年1月10日に退院した。


 言語障害は残っていないが、右半身にまだ後遺症があり、歩くときに右足を引きずる状態。酒好きで知られる河合は、退院の日に早速ビールと日本酒を飲んだことや、リハビリでおこなっているという「恋ダンス」も披露し、回復をアピールした。


 芸能リポーターのあべかすみ氏(57)は、「周りに人がいたから良かった」と振り返り、河合が座らずに立ったままで会見したことに注目。「女優さんだし、まだ麻痺が残っている状態で、あまり人前に出てきたくないこともあると思われるのに…。カンペキじゃないのに姿をみせてくれて。本当にポジティブ、さすがでございます」とそのサービス精神とポジティブな姿勢を称えた。


(c)AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日よる5時〜6時「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

▶︎視聴予約はこちらから


 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000