パンサー尾形、恋人の両親から怒られている理由を明かす

 AbemaTVのAbemaSPECIAL2チャンネルで『柴田地球防衛隊〜地球を守るのは僕らだ〜』が1月16日(月)夜10時から生放送された。本番組は、“柴田地球防衛隊”としてお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が隊長を務め、隊員のお笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘、お笑い芸人のいけだてつや、女優・グラビアアイドルの山地まりが地球を守るため、地球上に起こっているさまざまな問題を全力で解決していく1時間の生放送バラエティ番組。

 今週から番組ロゴを映画『ラストサムライ』のタイトルなどに書体を提供している書道家・山崎裕之(秀鷗)さんに書いてもらったものを使用することを柴田が説明すると、いけだは「(この番組は)ハリウッド的な見方をされているってことですか!」と驚いた。すると柴田も「俺たちはラストサムライなんだよ」と嬉しそうにコメントした。


 先週放送した同番組内で、尾形が結婚宣言をしたことを受けて、番組冒頭では隊員たちから祝福が。しかし、尾形は「ちょっと待って下さい」と動揺した様子で「まだ分かんないんですよ!結婚したいなっていうだけで……。結婚のこともまだ相手の親に挨拶しに行っていないのに、(報道のほうが早く出てしまって)報告の順番が逆になっちゃって怒られているんですよ。俺のことムカついているんですよ」と明かした。

 今回は、地球にある危険なモノを“ヤバい”か“ヤバくない”か実際に体験して仕分けしていく指令。さっそくインターネット上で流行っているという「目隠しをして2種類混ぜた飲み物を当てる」ゲームに挑戦。このゲームが“ヤバい”か“ヤバくない”か検証していった。


 最初は山地が挑戦し、用意されたいくつかの飲み物の中から選ばれた「メロンソーダと牛乳」を目隠しをして同時にストローで吸い上げ、2種類を見事当てることに成功。続いて尾形が「青汁とめんつゆ」、いけだが「いちごシロップとめんつゆ」に挑戦するも、めんつゆの味が相当濃いようで、えずきながら悶絶してしまい、不正解という結果に。


 最後は尾形が難易度を一気に上げた「栄養ドリンク・メロンソーダ・青汁」を混ぜたものと「トマトジュース・焼肉のタレ・コーラ」を混ぜた2種類のドリンクを同時にストローで吸い上げると、苦しそうにしながらも6種類すべて正解。視聴者からも「神の舌」「尾形すげー」と絶賛するコメントが多く寄せられた。そして全員が体験した結果、このゲームは“ヤバい”に仕分けされることに。


 その後も「1300種類のギャクを持つ電波時計」や「タバスコの40倍の辛さの『デスソース』」を仕分けした一同は、疲労困ぱいな様子で番組を締めくくった。



■AbemaTV 『柴田地球防衛隊〜地球を守るのは僕らだ〜』 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000