市場規模も開発費も潮流はスマホの中、任天堂に勝算はあるのか?

 3月に発売される任天堂の新作ゲーム機「Nintendo Switch」を一足先に試せる体験会が行われ、ゲーム好きからコスプレイヤーまで、2日間で2万人以上が駆けつけた。


 ゲームによっては待ち時間が3時間以上のブースもあり、中には外国人の姿も。海外からの注目の高さも伺わせる。


 実際にプレイした感想を聞くと「殴るとちゃんと振動がかえってきたり、腕のひねりでパンチがカーブするのが新鮮でもあり難しかった」、「センサーの感度が上がっていて、自分で殴っている感覚、臨場感ありましたね」と概ね好評価の様子。


 市場規模の推移を見てみると、スマホゲームの9283億円に対して家庭用ゲームは3601億円という状況だ。開発費についても、従来のPSや3DSなどハイエンドなテレビゲームソフトの開発費が10~70億円程度かかるのに対し、スマートフォンのゲームアプリは1~15億円(広告費含まず)程度と言われている。そんな中、なぜ任天堂はハードにこだわるのだろうか。


 専門誌「ゲーム批評」の元編集長でゲームジャーナリストの小野憲史氏は「ハードとソフトの両方をつくることで新しい価値を提供するのが任天堂のやり方。『おもちゃは手で触ってなんぼ』という哲学がある」と話す。


 また、「スマホゲームはテレビ番組のようなもの、一方、任天堂がつくるゲームはいわば映画。任天堂はお金を払ってもらって、コンテンツを楽しんでもらうという流れを取り戻したいと思っているんでしょうね」とコメントした。


 スマホゲーム市場が拡大する中、Nintendo Switchは家庭用ゲーム巻き返しの起爆剤となるのだろうか。(AbemaTV/AbemaPrimeより)


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000