テレ朝・弘中アナ、絶品牛肉駅弁に悶える 「ご飯が見えない!」

 東京・新宿の京王百貨店で「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」が1月24日(火)まで開催中。1月16日放送の若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、熱気あふれるイベント会場の様子を伝えると共に、スタジオで出演者らが人気の牛肉駅弁を実食した。

 全44都道府県から集められた、300種類を超える駅弁が集結する同イベント。今年で52回目を迎え、昨年は13日間で約30万食を売り上げるほど盛況を博した。

 今回の目玉は、平成29年(にくの年)にちなんだ「牛肉駅弁頂上対決」。大会常連の人気駅弁から、肉ブームを牽引したローストビーフの駅弁までが一堂に会し、その頂点を競っている。


 スタジオにはこれらの中から5種類の駅弁が登場。月曜キャスターの今井華(24)は「佐賀牛ロースステーキ&カルビ弁当」をチョイスし、一目見るなり「駅弁の肉の厚さじゃない!」と驚きの表情。「柔らかい、とろける!おいしい」と絶賛した。


 続いてはコメンテーターのレッド吉田(51)が「飛騨牛ローストビーフ使用 牛しぐれ寿司」を食べ、「お肉の甘味がいい!酢飯に合う!」とこちらも大満足の様子。

 そんな中、テレビ朝日・弘中綾香アナウンサーは、肉系の弁当では人気ナンバー1の「三味牛肉どまん中」を試食することに。箸でごはんの上にたっぷりのった牛肉を掴み、「こうね、こうやってもね、ごはんが出てこないくらい牛肉がたくさんのってる!」と悶える弘中アナ。


 口に運ぶと「おいしい~!肉の味がしっかりしている~」と幸せそうな表情を浮かべ、親指を立てる「グー」のポーズをつくり、「味付けも絶妙!ごはんに合う」と太鼓判を押していた。


(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000