千原ジュニア「僕がSNSを始めたら、この番組がきっかけだと思ってください」 番組でネットやメディアを徹底討論

 AbemaTVはAbemaNewsチャンネルにて、1月22日(日)夜8時から夜11時にかけ『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』を生放送する。


 本番組では、お笑いタレントの千原ジュニアがMCをつとめ、毎回様々なテーマについて、パネリストとともに徹底的に討論。今回パネリストとして討論に参加するのは、ドランクドラゴンの鈴木拓、モデルの鈴木奈々、タレントの熊田曜子、ジャーナリストの津田大介、堀潤ら10名。


 今回のテーマは、「ネット・メディア論」。インターネットの利点と課題から、メディアの健全性や信頼性と向き合い、インターネットの発達に伴うコミュニケーション、人間関係や恋愛の変化にも迫る。また、インターネットだけでなく、様々な「メディアの行方」についても議論していく予定。


 MCの千原ジュニアは、「僕は、パソコンは人差し指だけで操作しているし、SNSは全然やっていないし、ネット・SNS時代に乗り遅れた感じもある。一方、ネット・SNSに関する知識を得ようとすると、ネガティブなことばかり聞こえてくる。この番組でネット・SNSの良い部分も知りたいと思うし、もし僕がSNSを始めたら、この番組がきっかけだと思ってください(笑)」と、討論への期待を寄せている。

(C)AbemaTV


■『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000