小林麻央「放射線が癌の部分に…」 健康イメージで治療乗り切る

 乳がん闘病中の小林麻央が1月16日、自身のブログを更新。「イメージ」と題して、放射線治療を受けたことを報告した。

(画像は小林麻央の公式ブログより・スクリーンショット)


 以前も放射線治療を行い、2016年12月に平日毎日通っていた放射線治療を乗り切ったことを報告していた小林。現在は体力回復に向けて再入院しており、9日に放送された夫・市川海老蔵の密着番組「市川海老蔵にござりまする」にも病院からインタビュー出演した。


 小林は今回のブログで「今日は、放射線治療へ行く間、車椅子に乗りながら、目をつむり、揺られて、遊園地のジェットコースターやコーヒーカップを楽しんでいる健康な自分をイメージしました」と、“イメージ”しながら治療を受けに行ったと報告。その後「放射線の台に寝て、放射線の光が癌の部分にあたってはじけ、健康な光が広がるイメージをつくってみました」と、イメージを続けながら治療を受けたことを明かした。


 「高校の同級生がジェラートピケのあったかグッズを送ってくれました。ふわふわ。包まれて。ありがとう。。。」と友人への感謝を述べると、現在の体調について「数日前より少し生気が戻ってきたかな??今は薬の力を存分に借りています」とコメント。ファンからはリブログ機能で「本当によくわかります。毎日祈っています!」「私も麻央さん見習ってイメージしたいと思います」などの声が寄せられている。


若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000