週末に"最強寒気"、雪の少ない地域でも警戒を【穂川果音の本気予報】

■厳しい寒さに注意!

今週末、日本列島は今季で最も強い寒気に覆われ、東京23区では日曜日に最低気温が-2℃まで下がる予想で、雪がちらつく可能性もある。


北陸では14日の夕方6時までに100cmの降雪量が予想されるほか、関東甲信、長野北部、関東北部の特に山沿いのエリア、近畿・東海でも多くの雪が降る見込みだ。さらに日曜の夕方6時までは80cm〜100cm、東北でも60cm〜80cmの降雪が予想されるなど、土日は全国的で厳しい寒さと雪に注意が必要だ。


■降雪時に気をつけるべきことは?

降雪時には、屋根からの落雪、除雪中・運転中の事故、スリップ・転倒に注意するのはもちろん、雪の重みによる断線での停電の可能性もある。懐中電灯や暖をとる準備、交通機関の乱れに備え情報収集を行うなど、早めの行動を心がけたい。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000