日本人の1割が患うアトピー性皮膚炎 "かゆみ"の治療に新たな道か

 いまだ根本的な治療法が確立されていない、アトピー性皮膚炎。今、その治療に新たな道が開かれようとしている。


 アトピー性皮膚炎は、日本人の1割前後が患っているとみられている病気で、これまでの研究で「IL-31」という物質が過剰につくられることで起こることが分かっていた。しかし詳しいメカニズムは未解明で、根本的な治療法は確立されていなかった。


 そんな中、九州大学生体防御医学研究所の研究グループが、アトピー性皮膚炎が引き起こす"かゆみ"のメカニズムを明らかにしたと発表した。研究グループはマウスを使った実験で、アトピー性皮膚炎が起きる場合とそうでない場合とを比較した結果、免疫細胞の核の中で「EPAS1」という特定のタンパク質が増えていることを突き止めた。この「EPAS1」が増えないよう遺伝子を操作すると、かゆみを引き起こす物質「IL-31」が減少して症状を抑えることに成功、患者の細胞を使った実験でも効果が確認できたという。


 現在、治療法で主に用いられているステロイド入り塗り薬などは、「かゆみを抑える」もの。研究チームは今回の発見で「かゆみを抑える」ものではなく、「かゆみの根本を絶つ」新たな薬の開発につなげたいとしている。


 アトピーに関する情報を集めたサイト「untickle(アンティクル)」を運営する野村千代さんは、自身も重度のアトピー性皮膚炎を患っている。物心ついた頃からアトピーを患い、皮膚が動くだけで痛みを感じ、身動きが取れなくなるほど重度のアトピーを発症した時期もあった。


 サイトを立ち上げた理由について野村さんは「症状が重度化して寝込んでいた時に、アトピーと向き合わなければ今後も寝込んでしまうと感じたことがあった。同じように苦しんでいるアトピー仲間と情報を共有したり整理したりしながら、アトピーと向き合っていこうとサイトを立ち上げた」と教えてくれた。


 今回の九大グループの発見に野村さんは「当事者にとって希望的なニュースだった。新薬がいつ出るか分からないにせよ、当事者として1年後、2年後の自分の生活が今よりも楽になるんじゃないかと希望を持てること自体に意義があると思う」とした。

 また、アトピー性皮膚炎を患う息子を持つ星和美さんも「今までは症状を一時的に抑える薬を処方されることがほとんどだったので、このニュースを聞いて、根本から治せるという希望が持てました」と新薬の開発に期待を寄せる。8歳になる星さんの息子は、小学校に入学してからは比較的落ち着いたものの、以前は症状が重く「湿疹が膝の裏にできた時は薬を塗って包帯ぐるぐる巻きで一週間を過ごさなければならなかった」と、対策に苦労したという。


 はなふさ皮膚科の花房火月医師は「IL-31というのはアトピー性皮膚炎の関係している免疫のタンパク質の中でも、近年特に注目されているタンパク質で、アトピーのかゆみを引き起こすタンパク質だと言われている。IL-31がどのようにつくられるか分かったという点では、将来に新薬の開発につながるだろうし、非常に大きな一歩だったと感じている」と話す。


 一方で、アトピーを取り巻く環境の改善に必要なのは、新薬の開発だけではない。アトピーに関する周囲の人間の正しい理解が必要不可欠だ。


 前出の野村さんは「アトピー当事者として、今の世の中はまだまだ生きづらい。アトピーはかゆいだけでなく、激しい痛みも伴い、社会生活が送れなくなることもある病気なんだと理解してほしい」と話す。会社や学校などで、正しい理解に基づいた制度が整っているとも言い難い。野村さんは「アトピーを正しく理解した上で制度が広がればいいと思う」と訴えた。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000