矢口真里、不摂生な生活を告白「怖くて体重計が見れない」

 AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで1月10日(火)深夜1時、『矢口真里の火曜The NIGHT』が生放送された。本番組は、矢口真里がお笑い芸人・元巨匠の岡野陽一と繰り広げる2時間生放送のトークバラエティ番組。新年初めての放送になった今回、さっそくオープニングトークで、実は同い年である2人が「今年から敬語を撤廃しよう」という話になった。

 岡野がタメ口で「お正月どうだった?」と話題を振ると、矢口は実家に帰ってずっとお酒を飲んでいたとコメント。今月14日に控えた保田圭と石川梨華らとの“カジュアルディナーショー”に向けて、歌詞を覚えることに新年早々必死だったと話した。岡野は、これまでは地蔵のように大人しくお正月を過ごしていたというが「今年はイベントを気にしたい」ということで31日の年越し前にスーパー銭湯に行ったとのこと。


 さらに2人の今年の抱負も発表。岡野は1月6日(金)に行われた「R-1ぐらんぷり2017」の1回戦を見事突破したと話し「R-1ぐらんぷり2017で勝ってTVに出て売れて、逆にやぐ姉に仕事を回す」と発表。「すげぇかっこいいんだけど」と矢口は嬉しそうにコメントした。


 矢口は「今まで出てくれたアイドルを集めて“やぐフェス”をやりたい!個人としてはレベルアップしたい年。勉強不足の面が多いので英会話とダイエット…いろんなことに挑戦してレベルアップできたらいいなと思います」と発表。岡野から「楽屋で一緒に英語の勉強しましょうよ」と提案があったが「え、嫌だぁ」とそこは拒否する矢口だった。

 ゲストに登場したのは働く人を応援し、一緒に飲めるアイドル「8∞カンパニー(エイトカンパニー)」。スタジオにセクシー社長の倉本あや、お祭り盛り上げ部長で作詞・作曲を担当する飛鳥ピアス、芋焼酎とアニメで生きる二次元社員のしゆうが登場した。


 普段は「飲みドル」として活動しているため、お酒がないとエンジンかからないということで、スタジオにビールが到着。ぴーちゃん(飛鳥ピアス)の「わっしょーい!」というかけ声で乾杯。ぴーちゃんは「(ビールを飲んだから)やっと話せる……」と安堵の表情を浮かべた。

 アイドルになる前は何をしていたかという話題では、ぴーちゃんはロックバンドのヴォーカルをしていたと告白。飛鳥ピアスの名前の“ピアス”はロックバンド名だったことを明かした。


 「8∞カンパニー」のメンバーには、飲み会を盛り上げるテクニックがあるということで、倉本が「セクシー乾杯」を披露することに。岡野に接近しセクシー乾杯をすると、岡野は「ただただエロく(胸の)谷間見せてくるだけ!でもたまんないよね」と嬉しそうにコメント。ぴーちゃんは、「のむそん」と呼ばれるコールで「飲むしかないないない、飲まなきゃそんそんそん」と煽ると、そのコールに合わせて、岡野と矢口は入っていたビールジョッキを空にした。


 矢口は飲みきった後「お正月飲みすぎて、どんどん太ってくの……どうしよ。正月太りが止まらなくて。いま体重計見れないもん、怖くて」と、不摂生な生活を吐露する場面も。お酒も入って新年会のように、最後まで大盛り上がりの中、初回放送は幕を閉じた。『矢口真里の火曜The NIGHT』1月10日放送回は「AbemaTV」公式YouTubeにて観ることが可能だ。


■『矢口真里の火曜The NIGHT』番組概要

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000