井上公造、紺野アナ&杉浦投手夫妻に太鼓判「3つの条件揃ってる」

 1月10日、テレビ東京アナウンサーの紺野あさ(29)が東京ヤクルトスワローズの杉浦稔大投手(24)と元旦に入籍していたことを発表した。芸能リポーターの井上公造氏(60)も「びっくりした。全く知りませんでした。ただ、薬丸家でクリスマスパーティーをしたときに、紺野さんが来ていて、彼が迎えに来ていたらしいです」という電撃婚だが、知人が開催した食事会で北海道という同郷であることなどから意気投合、交際1年ほどでゴールインにこぎつけたという。


 ハロプロとしては4組目。田中将大・里田まい、南昌輝・柴田あゆみ、そして現在進行中なのが西武ライオンズ・野上亮磨投手と石川梨華。井上氏は野上投手・石川カップルについて「年末ハワイに来ていました。多分クリスマス前からハワイ入りしていたのかな。いいホテルに泊まっていましたよ」と暴露し、交際は順調のようだ。


 なお井上氏が掲げる「恋愛の三原則」マル秘ポイントは、次の3つ。


1.  距離的条件の一致

「食事会でも、例えば同郷だというだけで盛り上がれる。出身地ではなくて、住んでいるところでもいい。近いと、「送っていくよ」っていう話にもなる。でも、距離的条件っていうのは、食べ物の味とかご両親の考え方とかも似てくる。結婚したとき、帰省時にもお金がかからない。」(井上氏、以下「」内同)


2. 趣味の一致

「ハワイに行って奥様は買い物、旦那様は海に行きたいとなるとどちらかが我慢することになる。食べ物で生物大好きな人とダメな人が付き合っても長続きしない。」


3. 価値観の一致

「片方はボランティアに興味、もう片方がまったく興味がないと一緒になりにくい。旅行に行っても美術館めぐりをしたい、アクティブに動きたいというカップルはうまくいかない。」


 これらのポイントを踏まえると、杉浦投手&紺野カップルは「3つが揃っていて、うまくいきます」と井上氏も太鼓判だ。


(c)AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000