『君の名は。』が韓国でヒット、日本映画が13年ぶりに1位に

 昨年空前のヒットを記録した新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』。本作は韓国でも大ヒットを記録しており、公開初日の興行収入は日本円でおよそ1億円、観客動員数およそ13万人を突破する人気ぶりだ。釜山国際映画祭での公開時もチケットが1分で完売するなど、日本での人気に引けを取らない。


 今までに韓国で公開された日本映画の最高記録は、2004年に韓国で公開された宮﨑駿監督の『ハウルの動く城』だ。公開初日の観客動員数はおよそ5万人を記録したが、今回13年ぶりに日本映画で1位となった『君の名は。』は、その3倍近い動員数を記録したことになる。韓国では正月に大型作品が相次いで公開されたが、『君の名は。』はそれらを抑え、映画ランキングの1位を獲得したという。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000