銀シャリ、青いジャケットになった理由を告白 「もともと服がダサかった」

 12月28日(水)にAbemaTVで放送されたお笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』にて、今年のM1王者であるゲ銀シャリの鰻和弘と橋本直がゲスト出演し「衣装の替え時」について藤本に相談をした。

 同番組は、「もし藤本が明日芸能界から干されてしまったら…」というテーマのもと展開されるバラエティ番組。藤本が万が一、不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことをリクエストする。


 銀シャリと言えば、昭和感が漂う青のジャケットがトレードマーク。実はこの衣装の替え時に悩んでいるそうで、一つ目のリクエストに「フジモンに衣装の替え時を教えてほしい」という質問を投げかけた。

 藤本から「なんで脱がなあかんの?」と反対に質問されると橋本は「これでしか覚えてもらえないっていうのがあるんですよね」「東京の人けっこう言いますよ。なんで青いん?とか」と悩みを明かした。


 ちなみに現在のお揃いの青のスーツにしたのは、もともと服がダサかったというのが理由だそう。昔は、橋本が花柄のシャツ、鰻がYシャツに赤いネクタイを衣装として着用していたそうだが、あるときそのその衣装に着替えて舞台袖で待っていると劇場の支配人から「ちゃんと着替えろよ」と言われたという。2人はそれにショックを受け「当時揃いとかなかった」という青のジャケットを2人で着るようになったのだとか。

 その後、銀シャリの今後の衣装をどうするかを考案するために、番組では簡単に着せ替えができるというアプリを用意。まずは橋本の全身写真に対してスーパーマンのタンクトップや青のポロシャツ、グレーのスーツ、サラリーマン風のスーツなどで着せ替えを行った。結果、今回の時点では橋本はベロアのブルーのスーツが1番に合うという結果に。


 具体的にいつ、どのように衣装を替えるかについてはここでは決まらなかったものの、今後銀シャリがベロアのスーツで漫才をする姿を見れる日が来る可能性は大いにありそうだ。


(c)AbemaTV

『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』は毎週水曜23:00〜25:00「AbemaSPECIALチャンネル」で放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000