三浦知良と大谷翔平、「引退」を語る

 1日(日)午後5時からインターネットテレビ番組『新春スペシャル対談「あなたの夢、何ですか?~三浦知良×大谷翔平」完全版!!』(AbemaTV)が放送された。

 本番組は、2017年に50歳のシーズンを迎え、Jリーグ最年長ゴールを更新し続ける“キングカズ”ことサッカーJ2リーグ・横浜FCの三浦知良選手と、投手と野手の“二刀流”としてパ・リーグMVPに加え、史上初のベストナインW受賞に輝いた、現在メジャーリーグからも熱い注目を浴びるプロ野球・北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が、人生の「原点」と「転機」を振り返り、“未来の夢”を今どのように描いているのか「アスリート人生で抱いてきた夢」をテーマに対談を行った。


 三浦選手、大谷両選手が自身の「引退」、「プレーをし続ける理由」を語る。


大谷:引退は考えた事無いですね。


三浦:あるわけないですよね。


大谷:引退した後にどうするんだろう?って、ふわっと考える事はありますけど、出てこないですよね。


三浦:出てこないですよね。

大谷:でも、何度か「なんで野球やってるのかな?」「なんでメジャーリーグ行きたいのか?」やってみたい気持ちはあるんですけど、何のためにそれをやるんだろう?って考えた時に、これは何なのかな?というのはたまにフワフワしてますね。


三浦:考えちゃうとそうなのかもしれないですね。自分がやっていることって何のためにやっているのか、もちろん仕事で生きていくためというのもありますけど、やっぱり、子供の頃からやってきて「好き」って言う気持ちが一番大切なんじゃないですかね。好きだからやっているっていうのが単純なところじゃないですかね。

何でやってんの?って聞かれた時、もちろん仕事でお金を稼ぐっていうのがプロとして重要だと思うんですけど、その根本にあるものって僕だったらサッカーが好き、大谷さんだったら野球は好きだっていう気持ちがあることが一番大事じゃないかと思いますね。

僕の場合もう年なんでね。いまだに「いつするんだろう?」ってありますけどね。体が本当に動かなくなるってどういうことなんだろうなって。よくボロボロになるまでやるっていう意見あるじゃないですか。僕もそうは思うんですけど、本当のボロボロってどういうことなんだろうって考えますよ。


大谷:サッカー選手はワールドカップを目指すのが目標とおっしゃってたじゃないですか?現役である以上はそこを目指すのか?っていうのが凄い気になりますね。

三浦:ワールドカップっていうのは夢でもあり憧れでもありますから。やっぱり、そこは自分で言いたいですけど、今の僕にはそれを自分で言う権利はないって自分で思ってるんですよね。サッカーってJ1とJ2ってありますよね?J2っていうはJ1より下のカテゴリーにいて、その下のカテゴリーの選手が選ばれるのが中々難しい、選ばれている選手もいますけど実際、難しいし、そのJ2の横浜FCの中で常に全部試合出ているかって言われたら、出ていませんし、じゃあ、ゴール数どうだって言われたらとてもじゃないけど、そんな沢山の点をとっている選手に比べたら全然とっていませんし、そしたら、権利なんて無いって、自分が一番代表をやってきたから 代表で立つ選手は、やっぱり成績だったりとかチームとしての成績だったりとか、そういうものがちゃんとしていないと立てない、自分は言う権利すらないと思っていますから。

もし、ワールドカップっていうなら、そういう権利を得てから言いたいと思いますね。ただ、ワールドカップというのは夢でもあり、憧れでもあるので。

「もしからしたら呼ばれるんじゃないか?」ってそういう気持ちを持ちながらやっているのは確かです。

今は本当に先発で出て、ゴールしてチームを勝利に導くっていう、目の前にあるものが自分の夢というか、そこに向かって毎日やっている感じです。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000