四葉のクローバーを簡単に発見する女性とは?「四葉が光って見える」

 12月26日放送の若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、「ネットの噂パトロール」のコーナーで、瞬間的に四葉のクローバーを発見する女性が紹介された。

 ネットで噂になっているものを取り上げ、それをさらに深く検証する同コーナー。今回スポットを当てたのは、四葉集めの達人として話題を呼んでいる、生澤愛子さんだ。


 今までに集めた四葉のクローバーは、なんと8万本以上。最高記録では1時間で305本を見つけたこともあるという。さらに、2億5千万分の1の確率といわれる、七葉のクローバーも10回ほど見つけたことがあるそうだ。

 生澤さんは「自分の中の感覚としては、わかりやすく言えば四葉のクローバーが光って見えるような。クローバーがあるところに行けば、すぐにわかります」と見つける際の状況を説明。医師からは「アフォーダンス理論」が成り立っており、四葉のクローバーの意思を感じ取ることができるのではないか、と指摘されているという。

 30分で何本の四葉のクローバーを見つけられるか、番組スタッフと対決してみたところ、生澤さんは勝負開始から立て続けに2本を発見。最終的には番組スタッフが0本だったのに対し、生澤さんは5本と圧勝した。


 生澤さんが「他の人と自分は少し変わっている」と気づき始めたのは、小学生の頃とのこと。「なかなか周りの人に言えず、人に合わせて生きていたのが辛かった」と当時を振り返る。

 しかし現在ではその能力を生かし、四葉を使ったアートの個展を開くなど、活動の場を広げている。「将来は自分自身がアーティストになって、四葉のクローバーを使った作品を作って、世界にも届けられたらなと思っています」と目標を語っていた。


 生澤さんのVTRを見たレッド吉田(51)は、「あの能力はすごいね」と感心した様子でコメント。テレビ朝日・弘中綾香アナウンサーも「いやぁ、びっくりしましたね。凡人では考えられないですよね」と目を丸くしていた。


(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000