「ご当地アイドル」30組以上!激戦区・名古屋で今、注目のアイドルとは

 アイドル戦国時代の中、注目されているご当地アイドル。特に愛知県は、名古屋を中心に30組以上のご当地アイドルがひしめきあう激戦区だ。


 その中でも今、注目されているのが、お寿司屋さんがプロデュースしているという異色のアイドル「アイドル教室」だ。


 プロデューサーは、寿司処五一3代目大将の梅村紀之さん。


 メンバーは、タマゴ担当の水城さゆみさん、ウニ担当の堀梨恵さん、サーモン担当の寺沢ありすさん、キス担当の宮守風有さん、ネギトロ担当の桜田花音さんだ。

 お寿司屋さんの4階を公演ができるよう、大きなホールに改装したという梅村さん。


 「一軒家が建つくらいのお金」をつぎ込んだという。


 また、「お寿司屋さんでバイトするお金は頂いている」と話すメンバー。時給1000円で働いており、寿司を握る腕前は確かだ。


 メンバーの寺沢ありすさんは、アイドル教室について「私そのもの。アイドル教室に入って人生が変わったし、アイドル教室に入っていなかったら、自分の人生つまらなかっただろうなと思う」と語った。

 子どもの頃から芸能界に憧れており、中学生の時には、芸能事務所に所属したこともあったという寺沢さん。しかしその才能は開花することなく、憧れを抱きながらも何もせずにダラダラと過ごしていた時に、アイドル教室に出会った。


 それから、誰よりも練習し努力し続け、今では総勢11名のグループの中でもトップアイドルに成長した。


 寺沢さんは「全国のメジャーなアイドルを目指しているので、全国に羽ばたきたい。

いつかは全国ツアーをしたい」と、夢を語った。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000