「震えが止まりません…」 糸魚川大火、涙ながらに証言

 22日午前、住宅や商店など約140棟に被害を出した新潟県糸魚川市の火災。市消防本部は午後8時50分、これ以上の延焼の恐れはなくなったと発表した。

 同市のホテルホワイトクリフに設けられた避難所で取材に応じた大久保康子さんは、「震えが止まりません。思い出しただけでもぞっとします。家は全焼したと聞きました。大事なものばかりだったのに、何も持ち出せなかった。どうしよう。明日からどうなるんだろうと不安です」と、震える拳を握りしめ、涙ながらに語った。

 火元は大久保さんが「ご夫婦と息子さんと3人で経営していて、地域のみんなに愛されていたラーメン店」と証言する中華料理店。火災に追い打ちをかけたのは、当日の強風だった。


 危機管理アドバイザーの国崎信江氏によると、「糸魚川市が木造密集地であったこと、22日の風速が強かったことがこれだけの延焼を引き起こした。そこに地元の消火の能力がおいついてないと大火になってしまう。飛び火、という、燃え盛る炎の火の粉が強風に乗ってしまい、数メートル先まで燃え移ってしまう現象も起きていた」と推測する。


 気象庁によると、今回日本海側に発生していた大きな低気圧に吹き込む南風が強まっていた。同庁は、その風が山を越えて日本海側に吹き下ろす際、空気が乾燥して気温が上がる「フェーン現象」が起こしたとみている。

 糸魚川市はこれまでも大火に見舞われた時期が何度かある。近年でも、1911年、1928年、1932年と三度の火災が発生、1932年の火災では全半焼332棟の被害が記録に残っている。


 糸魚川市には大火になりすい特徴があるのだろうか。国崎市は「フェーン現象で乾燥した空気が流れ込みやすいという地形的な特徴と、建物の密集度が高いことが主な原因。特に建物の密集度合いをもっと解消できていたら、このような大火にはならなかったのではないか」とした。


 火事そのものは一旦収束が発表されたものの、自宅を失った人も多く、大久保さんのように今後の避難生活の不安を口にする。国崎氏は「被害に遭った方々は罹災証明の発行などの相談を」と呼びかける。


 また、他の地域からの糸魚川市への支援に関しては、「地元の方に迷惑にならないよう、支援物資の必要なものが精査され、市のホームページに掲載されるのを待つなどの配慮を」とコメントした。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000